*

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なソフトウェア

公開日: : 最終更新日:2015/09/06 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 必要不可欠なソフトウェア。



○リッピングソフト

 どれだけ音楽のネット配信が広まろうが、ハイレゾ配信が隆盛しようが、今まで蓄積してきたCDが消えてなくなるわけではないし、音源の大元は当分CDだろう。
 CDから音源となるデジタル・ファイルを作り出すために必要なのがリッピングで、そのリッピングを行うのがリッピングソフト。立ち位置としては非常に重要である。
 多くの人が使っているであろうiTunesでもCDのリッピングはできるが、色々とお仕着せがましいのに加えて機能的に満足出来るものではないのでここでは使用しない。せめてオーディオをやる時くらい、アップルの支配から脱しよう。
 あらかじめ言っておくと、私はリッピングソフトによって音質なんか変わってたまるかという立場である。ソフト独自にある種の補正をかけまくるとかならまだしも……
 そんなことよりも、タグの編集はほとんどの場合リッピングと同時に行われるため、いかに強力なタグ情報の収集能力を持つかということの方が遥かに大切である。
 それを踏まえたうえで、二つソフトを紹介する。


・dBpoweramp CD Ripper

 dBpowerampとはフォーマット変換・タグ編集・CDリッピング機能がパッケージになったソフトであり、dBpoweramp CD Ripperとは、dBpowerampの中のCDリッピング機能のことである。ややこしい。
 オーディオ業界において非常に有名なソフトであり、色々と語りつくされた感がある。
 このソフトの凄いところは、「音質」と「機能性」の双方において非常に高い評価を受けているという点。
 リッピングしたファイルのデータをネット上のデータベースと照合することで精度を最大化する「Accurate Rip」、音にこだわるWAV派も黙る超技術(?)「FLAC Lossless Uncompressed」、さらにリッピングに使用するディスクドライブにあわせて細かく設定をいじれるなど、本当にリッピングソフトで音が変わるのかということはさておき、精神衛生的には大変よろしい。
 機能面においても、5種類のデータベースからタグ情報を収集してくる「Perfect Meta」、強力なアルバムアートの収集機能)、一度のリッピングで複数の場所に複数のフォーマットで一気にデータを保存できるなど、至れり尽くせり。さらに、リッピングとはまた別に、強力なフォーマット変換ソフトやタグ編集機能も同時に手に入る。

 アルバムアートの解像度制限以外はケチの付けどころがないほどによく出来たリッピングソフトなのだが、有料。これだけ素晴らしいソフトなのだし、有料でも仕方ないと思う。それに有料といったところでたったの38ドルである。
 わけのわからないアクセサリーに大枚を叩くお金があるならこっちに投資しよう。


・MediaMonkey

 非常に多機能なソフト。
 リッピングも出来るが、dBpoweramp CD Ripperに比べるとさすがに分が悪い。
 ただし、無料である。
 そして、後述するが、タグの編集、そして音源の管理という点では私の知る限り最強のソフトであり、とりあえずこれさえ入れておけば何でもできるソフトである。




○タグ編集ソフト

 タグの編集はリッピングの際にやってしまう場合がほとんどだが、リッピングの時点では拾い切れない情報を追加したり、後から修正するためにタグ編集ソフトが必要になる。あとからより高画質なアルバムアートに差し替えるような場合にも。
 二つソフトを紹介する。

・dBpoweramp Tag Editor

 またかよ! と言ってはいけない。
 前述のとおり、dBpowerampにはタグ編集機能も含まれている。それが、dBpoweramp Tag Editor。
 “ソフト”というよりも、OSに直接追加される機能といった感じであり、右クリックからタグ編集ウィンドウを開いたり、プロパティからタグを編集したりできるようになる。
 以下、スクリーンショット。

ファイルを右クリック
WS000175

「Edit ID-Tag」
WS000176

プロパティから
WS000177

 このようにファイルから直接タグをいじれて便利と言えば便利だし、私の知る限りdBpowerampでなければ登録でない種類のタグもあったりするのだが、ひとつ問題がある。
 それは、dBpowerampはあくまでタグの編集機能を持つだけで、より広範な音源の管理機能は持たないということ。すなわち、複数の音源をアルバムやジャンルをまたいで一気に編集する、といった芸当はできない。
 その辺はもう、後述するMediaMonkeyの独壇場である。


・MediaMonkey

 またかよ! と言ってはいけない。
 dBpoweramp CD Ripperが最強のリッピングソフトなら、MediaMonkeyは最強のタグ編集/音源管理ソフトである。
 むしろ、今のところライブラリを構築するうえでdBpowerampとMediaMonkey以外のソフトは不要であると断言してもいいくらいだ。(DSDのファイルが絡んでくるとちょっとわからないが……)
 dBpoweramp CD Ripperでリッピングした音源を、MediaMonkeyで管理し、必要に応じて編集する。黄金の組み合わせである。
 アルバムアートの扱いが非常に簡単なのもMediaMonkeyの大きな美点。
 MediaMonkeyがなぜ使いやすいかというと、とにかく「右クリックからすぐタグ編集機能にアクセスできる」ということに尽きる。それに加えて、編集機能それ自体も非常に充実している。
 以下、スクリーンショット。

右クリック→プロパティ
WS000178

WS000179

 手動入力に加え、「ファイル名から自動タグ付け」「Webから自動タグ付け」も使える。ちなみにここのWebとはAmazonのこと。
 単なる機能の集合体であるdBpowerampとは違い、MediaMonkeyはそれ自体がライブラリ機能から再生機能までを備えた総合的なソフトであるため、アルバム/アーティスト/ジャンルごとにソートをかけたうえで必要な部分を選択して一括タグ編集、なんて芸当がいとも容易く可能となる。ついでに普通に音楽も聴ける。


 リッピングとタグ編集、合わせてライブラリの構築のためには、dBpowerampとMediaMonkeyさえあれば事足りる。
 38ドルがどうしてももったいないというなら、MediaMonkeyだけでも問題ない。




○コントロールアプリ

 スマホ/タブレットにインストールすることで、それらをネットワークオーディオのコントローラーにするためのアプリ。
 ネットワークオーディオプレーヤーを出しているメーカーは基本的に純正アプリを用意しているし、汎用的に使えるサードパーティー製のアプリも多数存在する。出来栄えはピンキリ、玉石混交。本当に使う価値のあるアプリはそれほど多くはない。詳しくはこの記事を参照。

 iOSでもandroidでも使えて、スマホにもタブレットにも対応していて、インターフェースに優れていて、かつ無料のコントロールアプリは何があるかなと考えたところ、Kinskyが一番良さそうだ。LINN様様である。
 まずKinskyを使ってみてほしい。メーカー純正アプリのほとんどが破滅的という現状の中では光り輝くような出来栄えのアプリだから。



○再生ソフト

 単体のネットワークオーディオプレーヤーを導入するなら、再生ソフトは不要である。
 一方で、PCの再生ソフトを用いてネットワークオーディオを実践することもできる。
 とりあえず、この記事を参照。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / SARAH

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / SARAH ・購入元 e-o

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Fragile

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Fragile ・購入元 HDtrack

記事を読む

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is delivering master-qualit

記事を読む

canarino Fils あらためてソフト編

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のコントロールアプリとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のコントロールアプリとは何か。  私にとって、それは以下の要素を完璧に満足するアプリであ

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・Labo(ヨシオカ電化センター)

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月6

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第111回『インクレディブル・ハルク』

画質:9 音質:7 映像はAVCでSPEの手堅いエンコード。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 文字コードを活用したサムネイルの改変 【ネットワークオーディオTips】

 これはLUMIN Appのブラウズ領域に表示された、何の変哲もないTwonky Serverの「ジ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第221回『トップをねらえ2!』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につい

記事を読む

【BDレビュー】第276回『エクスペンダブルズ 3』 北米盤 【Dolby Atmos】

家族のような安心感 画質:9 音質:14 映像:AVC 音声:Dolby

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑