*

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なハードウェア

公開日: : 最終更新日:2015/09/06 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 必要不可欠なハードウェア。機器類。

 各論に走ってしまうと全体像が見え辛くなるので、まずはこの図を示す。
ネットワークオーディオの三要素
 ネットワークオーディオの三要素を意識しつつ、見ていってほしい。



○PC

 いきなりPCである。
 「ネットワークオーディオにはPCが不要なんじゃなかったのか! いい加減にしろ!」と思うかもしれない。
 しかし残念、「ネットワークオーディオにはPCが不要」なんて言説は大嘘である。PCが要らなくなるのは、ライブラリの構築からシステムの構築から何から何まで終わった最後の最後、実際に音楽を再生する瞬間になってようやくである。
 PCがなければ、CDをリッピングすることも、ハイレゾ音源を購入・DLすることも、音源を管理することも、ライブラリを構築することもできない。
 単機能であれば備える機器はあるが(例えばOliveのプレーヤーとか)、上記の行程を完全にこなせる機器はPCしかない。どれだけ機器が「PCレスの利便性」を謳ったところで、結局PCが必要になると思っていい。

・どんなPCがいいのか

 何でもいい。
 ただしディスクドライブは必要。
 デスクトップでもノートでもいい。
 WindowsでもMacでもLinuxでも何でもいい。
 要は、CDをリッピングできてハイレゾ音源を購入・DLできて音源管理/タグ編集ソフトを使えるならどんなPCでも構わない。
 PCそれ自体を再生プレーヤーとして使い、高音質を目指す場合は色々と気にするべきことが出てくるようだが、残念ながら私には経験値がほとんどない。
 ちなみにMacも使ったことがないのでよくわからない。残念!



○無線LANルーター

 ネットワークオーディオの“ネットワーク”の部分に直接的に関わってくるのがこの無線LANルーター。時と場合によってはハブを追加する。
 PC、サーバー、ネットワークオーディオプレーヤーの接続は基本的に有線、LANケーブルで行う。ノートPCを使っている場合も、安定性や速度の問題で出来ることなら有線にしたほうがいい。ではなぜ無線LANが必要かというと、スマホ/タブレットと接続するためである。
 これもPC同様、欠かすことはできない。
 そもそもルーター? ハブ? という人にはこのページが非常にわかりやすい。

・どんな無線LANルーターがいいのか

 速ければ速いほどいい。
 とにかく速いに越したことはない。
 PC⇔サーバーのデータの移動、ライブラリの音源をコントロールアプリが表示するために必要な時間など、地味に効いてくる部分である。
 ケチらずに速い製品を買おう。
 え? 高音質ハブ?? ハブを使うと音が良くなる??? はぁ、そうですか……



○スマホ/タブレット

 「快適な音楽再生」を実現するためには必須のアイテム。
 何度も繰り返しているとおり、ネットワークオーディオの本質とは『コントロール』であり、ネットワーク越しに再生機器からコントロールの部分を独立させることにある。で、再生機器から切り離されたコントロールを担うのが、このスマホまたはタブレットというわけである。
 数百数千のアルバムからなるライブラリを、ネットワークオーディオプレーヤーの小さな画面と貧弱な操作系で縦横無尽に駆け巡るのは無理がある。

・どんなスマホ/タブレットがいいのか

 iOSでもandroidでも構わない。双方に素晴らしいコントロールアプリがある。
 高性能であれば高性能であるほどいい。マシンスペック的にも解像度的にも。マシンスペックが高ければアプリの動きが高速化するし、解像度が高ければより美しいアルバムアートを愛でられる。
 とりあえず手持ちのスマホを使えば事足りる。



○ネットワークオーディオプレーヤー

 あくまでオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーが欲しいとなれば、それはCDプレーヤーやBDプレーヤーのように機器を購入することになる。
 PCの再生ソフトをネットワークオーディオプレーヤーとして使うからいいや、となれば、別に必要ない。
 意外かもしれないが、ネットワークオーディオに機器としてのネットワークオーディオプレーヤーは必須ではない。

・どんなネットワークオーディオプレーヤーがいいのか

 予算次第。
 とりあえずこの記事を参照。



○NAS

 ネットワークオーディオをするうえで、NASは必須ではない。
 とはいえ、あれば便利なのは確か。

・どんなNASがいいのか

 価格と容量との兼ね合い。そして安定性が高いもの。
 ちなみに、ハードウェアとしてのNAS、あるいはPCよりも、それらをサーバー足らしめているサーバーソフトの方が遥かに重要である。



 大切なのは機器そのものではなく、それらが果たす役割である。
 それを忘れてはいけない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第143回『鴉 -KARAS-』

言いたいことは腐るほどある。 そもそもモデリング解像度が足りてねーとか、 なんでラストバトル

記事を読む

2015年の心残りその3 aria music serverはどうなった?

ハイレゾサラウンド音楽サーバー「aria」とは? - av watch aria music

記事を読む

ヱヴァのハイレゾ音源を聴きました

エヴァのハイレゾ音源を聴きました 序 破 Q 再生環境  こんな感じに。

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・クリアーサウンドイマイ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月30日

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシ

記事を読む

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のPS3に対する感情は、普通のゲー

記事を読む

おかえり、SongBook

2014/10/26 さらば、SongBook 2014/11/19 コントロールアプリの黄昏

記事を読む

【BDレビュー】第284回『思い出のマーニー』

画質:15 音質:9 映像:AVC・MGVC 音声:DTS-HD Mast

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑