*

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なハードウェア

公開日: : 最終更新日:2015/09/06 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 必要不可欠なハードウェア。機器類。

 各論に走ってしまうと全体像が見え辛くなるので、まずはこの図を示す。
ネットワークオーディオの三要素
 ネットワークオーディオの三要素を意識しつつ、見ていってほしい。



○PC

 いきなりPCである。
 「ネットワークオーディオにはPCが不要なんじゃなかったのか! いい加減にしろ!」と思うかもしれない。
 しかし残念、「ネットワークオーディオにはPCが不要」なんて言説は大嘘である。PCが要らなくなるのは、ライブラリの構築からシステムの構築から何から何まで終わった最後の最後、実際に音楽を再生する瞬間になってようやくである。
 PCがなければ、CDをリッピングすることも、ハイレゾ音源を購入・DLすることも、音源を管理することも、ライブラリを構築することもできない。
 単機能であれば備える機器はあるが(例えばOliveのプレーヤーとか)、上記の行程を完全にこなせる機器はPCしかない。どれだけ機器が「PCレスの利便性」を謳ったところで、結局PCが必要になると思っていい。

・どんなPCがいいのか

 何でもいい。
 ただしディスクドライブは必要。
 デスクトップでもノートでもいい。
 WindowsでもMacでもLinuxでも何でもいい。
 要は、CDをリッピングできてハイレゾ音源を購入・DLできて音源管理/タグ編集ソフトを使えるならどんなPCでも構わない。
 PCそれ自体を再生プレーヤーとして使い、高音質を目指す場合は色々と気にするべきことが出てくるようだが、残念ながら私には経験値がほとんどない。
 ちなみにMacも使ったことがないのでよくわからない。残念!



○無線LANルーター

 ネットワークオーディオの“ネットワーク”の部分に直接的に関わってくるのがこの無線LANルーター。時と場合によってはハブを追加する。
 PC、サーバー、ネットワークオーディオプレーヤーの接続は基本的に有線、LANケーブルで行う。ノートPCを使っている場合も、安定性や速度の問題で出来ることなら有線にしたほうがいい。ではなぜ無線LANが必要かというと、スマホ/タブレットと接続するためである。
 これもPC同様、欠かすことはできない。
 そもそもルーター? ハブ? という人にはこのページが非常にわかりやすい。

・どんな無線LANルーターがいいのか

 速ければ速いほどいい。
 とにかく速いに越したことはない。
 PC⇔サーバーのデータの移動、ライブラリの音源をコントロールアプリが表示するために必要な時間など、地味に効いてくる部分である。
 ケチらずに速い製品を買おう。
 え? 高音質ハブ?? ハブを使うと音が良くなる??? はぁ、そうですか……



○スマホ/タブレット

 「快適な音楽再生」を実現するためには必須のアイテム。
 何度も繰り返しているとおり、ネットワークオーディオの本質とは『コントロール』であり、ネットワーク越しに再生機器からコントロールの部分を独立させることにある。で、再生機器から切り離されたコントロールを担うのが、このスマホまたはタブレットというわけである。
 数百数千のアルバムからなるライブラリを、ネットワークオーディオプレーヤーの小さな画面と貧弱な操作系で縦横無尽に駆け巡るのは無理がある。

・どんなスマホ/タブレットがいいのか

 iOSでもandroidでも構わない。双方に素晴らしいコントロールアプリがある。
 高性能であれば高性能であるほどいい。マシンスペック的にも解像度的にも。マシンスペックが高ければアプリの動きが高速化するし、解像度が高ければより美しいアルバムアートを愛でられる。
 とりあえず手持ちのスマホを使えば事足りる。



○ネットワークオーディオプレーヤー

 あくまでオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーが欲しいとなれば、それはCDプレーヤーやBDプレーヤーのように機器を購入することになる。
 PCの再生ソフトをネットワークオーディオプレーヤーとして使うからいいや、となれば、別に必要ない。
 意外かもしれないが、ネットワークオーディオに機器としてのネットワークオーディオプレーヤーは必須ではない。

・どんなネットワークオーディオプレーヤーがいいのか

 予算次第。
 とりあえずこの記事を参照。



○NAS

 ネットワークオーディオをするうえで、NASは必須ではない。
 とはいえ、あれば便利なのは確か。

・どんなNASがいいのか

 価格と容量との兼ね合い。そして安定性が高いもの。
 ちなみに、ハードウェアとしてのNAS、あるいはPCよりも、それらをサーバー足らしめているサーバーソフトの方が遥かに重要である。



 大切なのは機器そのものではなく、それらが果たす役割である。
 それを忘れてはいけない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

続・Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ  というわけで、実

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION II

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

ネットワークオーディオの本質

 2013/12/22初出の記事を、核心はそのままに、今までの蓄積と現状を踏まえて更新。

記事を読む

PCオーディオはもっと自由になれる

ネットワークオーディオの本質 『ネットワークオーディオ』とは何か  ネットワークオー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

 「ネットワークオーディオとは音楽再生におけるコントロールの方法論である」と言っているのも、「ネット

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のサーバーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 (ネットワークオーディオにおける)理想のサーバーとは何か。  私が考えるに、それは、

記事を読む

オンキヨー TX-NR3030

オンキヨー、Dolby Atmos/HDCP 2.2対応の最上位AVアンプ  ついに一体型

記事を読む

【音展2014】個人的ハイライト② BUFFALO DELAが達成した偉業

<音展>バッファローのNAS“DELA”が大きく進化、オーディオプレーヤーとしても使用可能に

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Mivera Audio Superstream Transport/Server

Mivera Audio  1250ドルのRoon Server。  この価格でCore

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑