*

【ネットワークオーディオ・実践編】 到達目標の確認

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。


 これこそ、ネットワークオーディオが目指すゴールであると私は考えている。
 
 これをもう少し具体的にして、以下の四つを目標として設定しよう。



①音楽を聴く際、いちいち椅子から立ち上がる必要がない。

②ライブラリ内のすべての音源に管理/情報が行き届いている。

③すべての音源にアルバムアートが埋め込まれ、音楽を視覚的にも楽しめる。

④自分の好みに合わせた方法/インターフェースで聴きたい曲を探せる。




 ①は音源をデジタル・ファイルとして扱う時点で、自動的に達成される。

 ②と③は『ライブラリ』作りの肝となる。

 ④は『サーバー』と『コントロール』の両方が関係する。

 あれ? 『プレーヤー』は? と思うかもしれない。
 実際のところ、ネットワークオーディオのシステムを構築するうえで、『プレーヤー』は(機能面では)あまり重要ではない。ネットワークオーディオにおいてはプレーヤーから『コントロール』が独立しているため、どんなプレーヤーを使おうが担うのはひとえに『再生』だけなので、ユーザー・エクスペリエンスには特に影響を及ぼさない。(ギャップレス再生に対応していないとか、そういう論外な要素はとりあえず考えない)



 第7章の実践編では、今までの記事で知識面については散々書いてきたので、ネットワークオーディオをゼロから始めて、上述の快適さを手に入れるまでを順を追って見ていく。
 必要なハード、ソフトに始まり、それぞれの機器の接続方法、ソフトの使用方法についても触れて、とにかく「これさえ読めば大丈夫!」というような内容を目指す。あまりにも電気屋的・あるいは専門的な内容になるとお手上げだが。
 また、『サーバー』『プレーヤー』『コントロール』の三要素はもちろんだが、その前段として、『普遍的なライブラリ』作りにも大いに注力する。

 繰り返しになるが、『普遍的なライブラリ』とは、


・大元となるCDからの情報欠落がない
(リッピングの場合)

・すべての音源にアルバムアートを含む必要なタグが完全な形で登録されている
(タグを使えないフォーマットは最初からNG)

・将来に渡ってタグの編集やフォーマットの変換に対する可逆性・柔軟性を備えている
(非可逆圧縮のフォーマット、例えばmp3はこの時点でNG)

・どのようなハードウェア/ソフトウェアであっても等しく機能する
(特定のハード/ソフトでしか扱えないフォーマットは使わない)



 以上の要素を完璧に満足するライブラリである。


 ちなみに、第7章の目的は快適なネットワークオーディオの環境を構築することであって、音質にこだわることではない。もちろん、“オーディオ”という趣味の一環である以上、守るべきところは守るが。
 WAVとFLACによって音が違うとか、リッピング時のPCの挙動によって音が違うとか、HDDとSSDで音が違うとか、そういったものは一切扱わない。そんなものはきちんとシステムを構築し、快適さを手に入れた後であれこれ気にすればいい。

 よって、ネットワークオーディオの実践においては、音質よりも、快適に音楽を聴けることを大事にしよう。


 実際の構築の仕方については色々な考え方があるとは思うが、以降の記事では私が推奨する方法を紹介している。私の手法が唯一の正解というわけでもないので、あくまで「こんな方法がある」という風に受け取ってもらいたい。

 「はじめに」でも書いたが、これから始めるユーザーが最短で最適解に辿り着けるような構成を目指すつもりである。 



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という悲劇

 「PCオーディオとネットワークオーディオはどちらが優れているのか」という議論をことあるごとに目にす

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第1位『アバター』&『プライベート・ライアン』 ― 高画質・高音質という福音

【BDレビュー】第160回『アバター』 【BDレビュー】第158回『プライベート・ライアン

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なソフトウェア

 必要不可欠なソフトウェア。 ○リッピングソフト  どれだけ音楽のネット配信が広

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第95回『マトリックス・レボリューションズ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1でビットレートは絶望的な頭打ち。リローデッドより多少マシ

記事を読む

【アプリ紹介】Songbook Lite iPad版 version4.1.0検証

※この記事のデータ等は基本的に2012年5月12日時点のものです SongBook L

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ハード編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  最近某社から

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第90回『眠れる森の美女』

50年越しの奇跡 画質:15 音質:10+(7.1ch収録のため)

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin III (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 音質編

 みんな大好き音質編。  今回は魔境マシマシ。  「サーバーで音は変わる」ということだけでなく、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑