*

【ネットワークオーディオ・実践編】 到達目標の確認

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。


 これこそ、ネットワークオーディオが目指すゴールであると私は考えている。
 
 これをもう少し具体的にして、以下の四つを目標として設定しよう。



①音楽を聴く際、いちいち椅子から立ち上がる必要がない。

②ライブラリ内のすべての音源に管理/情報が行き届いている。

③すべての音源にアルバムアートが埋め込まれ、音楽を視覚的にも楽しめる。

④自分の好みに合わせた方法/インターフェースで聴きたい曲を探せる。




 ①は音源をデジタル・ファイルとして扱う時点で、自動的に達成される。

 ②と③は『ライブラリ』作りの肝となる。

 ④は『サーバー』と『コントロール』の両方が関係する。

 あれ? 『プレーヤー』は? と思うかもしれない。
 実際のところ、ネットワークオーディオのシステムを構築するうえで、『プレーヤー』は(機能面では)あまり重要ではない。ネットワークオーディオにおいてはプレーヤーから『コントロール』が独立しているため、どんなプレーヤーを使おうが担うのはひとえに『再生』だけなので、ユーザー・エクスペリエンスには特に影響を及ぼさない。(ギャップレス再生に対応していないとか、そういう論外な要素はとりあえず考えない)



 第7章の実践編では、今までの記事で知識面については散々書いてきたので、ネットワークオーディオをゼロから始めて、上述の快適さを手に入れるまでを順を追って見ていく。
 必要なハード、ソフトに始まり、それぞれの機器の接続方法、ソフトの使用方法についても触れて、とにかく「これさえ読めば大丈夫!」というような内容を目指す。あまりにも電気屋的・あるいは専門的な内容になるとお手上げだが。
 また、『サーバー』『プレーヤー』『コントロール』の三要素はもちろんだが、その前段として、『普遍的なライブラリ』作りにも大いに注力する。

 繰り返しになるが、『普遍的なライブラリ』とは、


・大元となるCDからの情報欠落がない
(リッピングの場合)

・すべての音源にアルバムアートを含む必要なタグが完全な形で登録されている
(タグを使えないフォーマットは最初からNG)

・将来に渡ってタグの編集やフォーマットの変換に対する可逆性・柔軟性を備えている
(非可逆圧縮のフォーマット、例えばmp3はこの時点でNG)

・どのようなハードウェア/ソフトウェアであっても等しく機能する
(特定のハード/ソフトでしか扱えないフォーマットは使わない)



 以上の要素を完璧に満足するライブラリである。


 ちなみに、第7章の目的は快適なネットワークオーディオの環境を構築することであって、音質にこだわることではない。もちろん、“オーディオ”という趣味の一環である以上、守るべきところは守るが。
 WAVとFLACによって音が違うとか、リッピング時のPCの挙動によって音が違うとか、HDDとSSDで音が違うとか、そういったものは一切扱わない。そんなものはきちんとシステムを構築し、快適さを手に入れた後であれこれ気にすればいい。

 よって、ネットワークオーディオの実践においては、音質よりも、快適に音楽を聴けることを大事にしよう。


 実際の構築の仕方については色々な考え方があるとは思うが、以降の記事では私が推奨する方法を紹介している。私の手法が唯一の正解というわけでもないので、あくまで「こんな方法がある」という風に受け取ってもらいたい。

 「はじめに」でも書いたが、これから始めるユーザーが最短で最適解に辿り着けるような構成を目指すつもりである。 



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第339回『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』 【Dolby Atmos】

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Do

記事を読む

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハイレゾサンプラー音源DVD/巻

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION III

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

LUMINがQobuzに対応

 Qobuz。  「コブズ」ではなく「クーバズ」と読むそうだ。  TIDAL同様、ロスレスクオリ

記事を読む

【アニソンオーディオ】 リファレンス・アニソン10選

 アニソンオーディオの中で面白いと思った記事なので便乗。  めんどくさい部分は省くが、なるべく紙面

記事を読む

Roonの恐るべき(?)機能――Roon上のメタデータを音源にタグ付けする

 内容が内容なので、ずっと書こうか書くまいか迷っていたのだが、いつかは誰かが書くだろうし、先んじて書

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 今更感漂う不毛な検証第二弾。  やっぱり情報や検証事例が多いに越したことはあるまい。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 システムの維持管理

 「システムの維持管理」と銘打ってはいるが、ここまできたユーザーにとって、これ以上気を付けることはほ

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 基礎から応用へ 【ネットワークオーディオTips】

 タグ、ライブラリの構築、アルバムアート、サーバー、コントロール、プレーヤー。  今まで音源の管理

記事を読む

EPSON EH-LS10000を見てきた

 某日某所、暗室にて。  まどろっこしい話は抜きにして、一番気になっていた部分をはっきりと言お

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

【祝】『スターシップ・トゥルーパーズ』がUHD BD化

凶悪4Kバグ襲来 『スターシップ・トゥルーパーズ』 (4K UHD B

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑