*

【ネットワークオーディオ・実践編】 到達目標の確認

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。


 これこそ、ネットワークオーディオが目指すゴールであると私は考えている。
 
 これをもう少し具体的にして、以下の四つを目標として設定しよう。



①音楽を聴く際、いちいち椅子から立ち上がる必要がない。

②ライブラリ内のすべての音源に管理/情報が行き届いている。

③すべての音源にアルバムアートが埋め込まれ、音楽を視覚的にも楽しめる。

④自分の好みに合わせた方法/インターフェースで聴きたい曲を探せる。




 ①は音源をデジタル・ファイルとして扱う時点で、自動的に達成される。

 ②と③は『ライブラリ』作りの肝となる。

 ④は『サーバー』と『コントロール』の両方が関係する。

 あれ? 『プレーヤー』は? と思うかもしれない。
 実際のところ、ネットワークオーディオのシステムを構築するうえで、『プレーヤー』は(機能面では)あまり重要ではない。ネットワークオーディオにおいてはプレーヤーから『コントロール』が独立しているため、どんなプレーヤーを使おうが担うのはひとえに『再生』だけなので、ユーザー・エクスペリエンスには特に影響を及ぼさない。(ギャップレス再生に対応していないとか、そういう論外な要素はとりあえず考えない)



 第7章の実践編では、今までの記事で知識面については散々書いてきたので、ネットワークオーディオをゼロから始めて、上述の快適さを手に入れるまでを順を追って見ていく。
 必要なハード、ソフトに始まり、それぞれの機器の接続方法、ソフトの使用方法についても触れて、とにかく「これさえ読めば大丈夫!」というような内容を目指す。あまりにも電気屋的・あるいは専門的な内容になるとお手上げだが。
 また、『サーバー』『プレーヤー』『コントロール』の三要素はもちろんだが、その前段として、『普遍的なライブラリ』作りにも大いに注力する。

 繰り返しになるが、『普遍的なライブラリ』とは、


・大元となるCDからの情報欠落がない
(リッピングの場合)

・すべての音源にアルバムアートを含む必要なタグが完全な形で登録されている
(タグを使えないフォーマットは最初からNG)

・将来に渡ってタグの編集やフォーマットの変換に対する可逆性・柔軟性を備えている
(非可逆圧縮のフォーマット、例えばmp3はこの時点でNG)

・どのようなハードウェア/ソフトウェアであっても等しく機能する
(特定のハード/ソフトでしか扱えないフォーマットは使わない)



 以上の要素を完璧に満足するライブラリである。


 ちなみに、第7章の目的は快適なネットワークオーディオの環境を構築することであって、音質にこだわることではない。もちろん、“オーディオ”という趣味の一環である以上、守るべきところは守るが。
 WAVとFLACによって音が違うとか、リッピング時のPCの挙動によって音が違うとか、HDDとSSDで音が違うとか、そういったものは一切扱わない。そんなものはきちんとシステムを構築し、快適さを手に入れた後であれこれ気にすればいい。

 よって、ネットワークオーディオの実践においては、音質よりも、快適に音楽を聴けることを大事にしよう。


 実際の構築の仕方については色々な考え方があるとは思うが、以降の記事では私が推奨する方法を紹介している。私の手法が唯一の正解というわけでもないので、あくまで「こんな方法がある」という風に受け取ってもらいたい。

 「はじめに」でも書いたが、これから始めるユーザーが最短で最適解に辿り着けるような構成を目指すつもりである。 



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターが完成して思うこと

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオ規格。  トップスピーカー

記事を読む

ブビンガ・ラックの導入

 うちのSapphireには山崎創作に作ってもらったブビンガのボードを使っている。  で、コレがす

記事を読む

SC-LX59のDTS:X対応アップデート

 10月18日からアップデート開始ということで、どんな風になるのかサポートに確認したところ、18日夕

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第117回『トレインスポッティング』

画質:7 音質:8 映像はAVCでビットレートは30台以上で高めに安定。 音声はドルビー

記事を読む

【BDレビュー】第339回『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』 【Dolby Atmos】

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Do

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第158回『プライベート・ライアン』

サラウンドを組んだ時、鴉の次に見たのがこの映画だった。 映画音響の魅力に取り付かれた本当の始まりか

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』  今度はiPhone版。  

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑