*

【音源管理の精髄】 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは? 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは何か。

 ……正直なところ、「音楽を快適に聴く」というネットワークオーディオの本懐を遂げるという意味では、すなわち機能面では、LINN DSで既に理想は叶えられている。

 しかし、それで終わってしまってはあまりにも芸がないので、ここではあえて、今までずっと隅に追いやられてきた「音質」に注目してみようと思う。


 ネットワークオーディオにおいて「コントロール」は再生機器から独立していることは何度も何度も述べた。そのため、プレーヤーにはコントロールに用いるインターフェースを搭載する必要はない。そんなものはあればあるだけ、不必要なノイズをまき散らして音質を劣化させるだけだ。筐体の強度的にも不利だろう。

 というわけで、どうせ操作はコントロールアプリからするし、本体のディスプレイなんて見ないんだから、ディスプレイもボタンも一切取り去ってしまえ! というのが私の意見である。
 この点で、ハードウェアとして理想に近いのは以下の3機種である。



・LINN KLIMAX DS

ネットワークオーディオの始まりにして、ハードウェア的にも、ソフトウェア的にも、製品づくりの哲学的にも、最も理想に近いプレーヤー。
一切無駄のないアルミ削り出し筐体と、「ネットワーク越しにコントロールしろ!」という潔さと覚悟を感じる造形美。
後述する2機種も、結局はKLIMAX DSに追い付け、追い越せと生まれたものであることは想像に難くない。


・SFORZAT DST-01

アルミ削り出しの重厚な筐体、トロイダルトランスを使用した外部アナログ電源、将来を見越したトランスポート仕様など、正攻法で音質を突き詰めた国産機の麒麟児。しかも60万と、決して高くはない。
登場以前から重大な関心をもって注目している機種だが、ソフトウェア面での進化が一向に見られないのが大きなアキレス腱になっている。
微妙な出来の純正アプリを使わなければギャップレス再生できず、On-Device Playlistにも非対応。ユーザビリティ、操作感という点でLINN DSとLUMINに著しく劣っている。
残念ながら、これではいくら音が良くてもネットワークオーディオプレーヤーとしてはお話にならない。


・LUMIN THE AUDIOPHILE NETWORK MUSIC PLAYER

わりと最近になって突如として現れた新星。
KLIMAX DSを意識しまくりの筐体、SFORZATOのような外部電源、圧倒的に素晴らしい出来のコントロールアプリと三拍子揃い、さらに音質を突き詰めた新製品も登場予定
肝心の操作感もLINN DSと遜色なく、ギャップレスやOn-Device Playlistにも問題なく対応する。
KLIMAX DSにとって最強最大のライバルになることは想像に難くない。



 これらの3機種はどれもこれも素晴らしいハードウェアである。
 どれを理想とするかは、選択するユーザー次第。


 ちなみに、私が考える理想のネットワークオーディオプレーヤー/ハードウェアはさらに違う形状をしている。
 誰か作ってくれないだろうか。



続編

【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第171回『エイリアン 四部作』

『エイリアン』  画質:7 音質:8 『エイリアン2』 画質:8 音質:10 『エイリアン3』 

記事を読む

ESOTERIC N-05

 祝・気合いの入った国産ネットワークオーディオプレーヤー。 エソテリック、ネットワークオーディ

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】アトモス時代のAVプリ

マランツ、旗艦AVプリ「AV8802」。ドルビーアトモス対応/フルディスクリート電流帰還型プリ採用

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第134回『X-MEN』

画質:9 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。この仕様は今回のBO

記事を読む

【BDレビュー】第296回『バンパイアハンターD』 北米版

 妖獣都市、獣兵衛忍風帖と並ぶ川尻善昭監督の大傑作。ちなみに英語版がオリジナル。日本語版を待

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player HD』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【TIAS2015】Cocktail Audio X40 Music Server

 おッと思った製品。 【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audio

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP ServerとJRiver Media Centerを組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDを配信可能なサーバーソフト 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオなら、USB DACと再生ソフトを用意すれば事足りるが、ネットワークオーディ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑