*

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

公開日: : 最終更新日:2014/06/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです



手元で所有する音源を縦横無尽に管理再生するという利便性に加え、音源にアルバムアートをタグ付けすることにより「視覚でも楽しむ」こともまた、ネットワークオーディオの楽しみである。ただしその場合、タグ付け画像が高品質なことが絶対条件となる。サーバーがうまく機能したところで、そもそもタグ付けされる画像が低解像度ではお話しにならないからだ。


さて、New iPadは2048×1536という未曾有の解像度を持つに到った。

ならば、タグに埋め込む画像もそれに合わせて、1536×1536以上の解像度を用意すれば、すぐに最良の美しさを手に入れられるのか?


……残念ながらそうではない、というのが、この記事の内容である。


なお、ファイルサイズの関係上、実解像度の画像の一部を切り取るという手段を取った。




①ChorusDS HD

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
chorusds 800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
chorusds抜粋




②Kinsky

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
kinsky800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
kinsky抜粋




③PlugPlayer for iPad

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
plug800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
plug抜粋



④SongBook Lite

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
songbook800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
songbook抜粋



おわかりいただけただろうか。

全く同じ音源を再生した場合でも、実は使うアプリによって画面に表示されるアルバムアートの具合が異なるのである。

それでは、どうしてそんなことになるのかという点を検証したい。
なお、繰り返しになるが『タグ付けする画像ファイルの解像度は1536×1536』ということを検証の前提条件とする。
すなわち、New iPadのネイティブ解像度を最大限活かせる解像度の画像である。



以下の三つの点が関わってくる。


A.アルバムアート拡大時の表示領域は何ピクセル×何ピクセルか(実測値)

B.スケーリングが必要か否か(無いに越したことはない)

C.スケーリングが上手いか下手か


この観点から、メジャーな四つのアプリをそれぞれ見ていく。



①ChorusDS HD

A:1024×1024
B:必要 1536→1024
C:いい線いってる

ChorusDS HDのアルバムアート拡大時の表示領域は四つのアプリの中で最も小さいが、同時にスケーリングが最も巧みなアプリでもある。1536→1024という、“きっかり三分の二”という割合も絡んでくるのだろう。
とはいえ、せっかくの高解像度をフルに表示できるわけではないので、どうしても極小領域のディティールは消えてしまう。



②Kinsky

A:1536×1536
B:不要
C:ドットバイドット表示なのでスケーリング不要

私の知る限り、アルバムアートの表示でiPadの解像度をフルに使い切る唯一のアプリであり、埋め込む画像ファイルをiPadの解像度に合わせれば原理的にスケーリングが不要になる。
そのため、表示品質的には最上のものとなる。印刷時点のインクのドットまで見えるレベルである。



③PlugPlayer

A:1458×1458
B:必要 1536→1458
C:下手糞

せっかく広い表示領域があるのに、お粗末なスケーリングのせいで台無しである。
ジャギってるじゃないか。
そんなことを気にしてどうすると言われそうだが、そういうディティールを気にするのがこの趣味のひとつの醍醐味だと思う。



④SongBook Lite

A:1230×1230
B:必要 1536→1230 ???
C:Oh…

ボケボケじゃないか! いい加減にしろ!!
しかしこの現象、実はSongBook Liteにおけるアルバムアートの拡大表示とは、タグに埋め込まれている本来の画像を持ってくるのではなく、
sbの本性800
この通常画面の左上に表示されている“512×512の画像を拡大しただけ”なのである。
そりゃボケる。
通常画面の時点でそれなりの大きさのアルバムアートを表示しているが故の悲劇、もとい怠慢というべきか。
改善を乞う。




と、いうわけで、現時点で最も美しくアルバムアートを表示させる方法とは、

『New iPadのネイティブ解像度に合わせ、1536×1536の画像をタグ付けし、Kinskyで表示する』

である。

NASによっては画像が表示されないことがあるとか、dBpowerampに丸投げで解像度に無頓着とか、ネットワークオーディオの世界はそういう次元からいいかげん脱却すべきである。



……1536×1536なんて解像度の画像なんてどこから持ってくるのか?
もちろん、CD一枚一枚スキャンである。



LUMIN Appに玉座交代。(2014/06/15)



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える

 最近のオーディオ雑誌等を読んでいると、“USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポート”

記事を読む

LUMIN L1 サーバーソフト編

 どれだけ筐体のクオリティがオーディオ的に優れていたとしても、ネットワークオーディオにおけるNAS/

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ

0.1の壁 導入編  サブウーファー自体の音質を語る前に、各タイトルでどのような効果・変化が

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【レビュー】Chord DAVEをLUMIN U1で聴いた

 DAVEの試聴機が我が家にやってきた。  しかも相手はLUMIN U1というなんとも豪華

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 導入編

0.1の壁  23キロの黒い箱。  設置はブビンガ・ラックのベースをボードとして

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・オーディオユニオン お茶の水アクセサリー館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月8日に

記事を読む

【BDレビュー】第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤

画質:9 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑