*

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

公開日: : 最終更新日:2014/06/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです



手元で所有する音源を縦横無尽に管理再生するという利便性に加え、音源にアルバムアートをタグ付けすることにより「視覚でも楽しむ」こともまた、ネットワークオーディオの楽しみである。ただしその場合、タグ付け画像が高品質なことが絶対条件となる。サーバーがうまく機能したところで、そもそもタグ付けされる画像が低解像度ではお話しにならないからだ。


さて、New iPadは2048×1536という未曾有の解像度を持つに到った。

ならば、タグに埋め込む画像もそれに合わせて、1536×1536以上の解像度を用意すれば、すぐに最良の美しさを手に入れられるのか?


……残念ながらそうではない、というのが、この記事の内容である。


なお、ファイルサイズの関係上、実解像度の画像の一部を切り取るという手段を取った。




①ChorusDS HD

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
chorusds 800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
chorusds抜粋




②Kinsky

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
kinsky800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
kinsky抜粋




③PlugPlayer for iPad

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
plug800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
plug抜粋



④SongBook Lite

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
songbook800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
songbook抜粋



おわかりいただけただろうか。

全く同じ音源を再生した場合でも、実は使うアプリによって画面に表示されるアルバムアートの具合が異なるのである。

それでは、どうしてそんなことになるのかという点を検証したい。
なお、繰り返しになるが『タグ付けする画像ファイルの解像度は1536×1536』ということを検証の前提条件とする。
すなわち、New iPadのネイティブ解像度を最大限活かせる解像度の画像である。



以下の三つの点が関わってくる。


A.アルバムアート拡大時の表示領域は何ピクセル×何ピクセルか(実測値)

B.スケーリングが必要か否か(無いに越したことはない)

C.スケーリングが上手いか下手か


この観点から、メジャーな四つのアプリをそれぞれ見ていく。



①ChorusDS HD

A:1024×1024
B:必要 1536→1024
C:いい線いってる

ChorusDS HDのアルバムアート拡大時の表示領域は四つのアプリの中で最も小さいが、同時にスケーリングが最も巧みなアプリでもある。1536→1024という、“きっかり三分の二”という割合も絡んでくるのだろう。
とはいえ、せっかくの高解像度をフルに表示できるわけではないので、どうしても極小領域のディティールは消えてしまう。



②Kinsky

A:1536×1536
B:不要
C:ドットバイドット表示なのでスケーリング不要

私の知る限り、アルバムアートの表示でiPadの解像度をフルに使い切る唯一のアプリであり、埋め込む画像ファイルをiPadの解像度に合わせれば原理的にスケーリングが不要になる。
そのため、表示品質的には最上のものとなる。印刷時点のインクのドットまで見えるレベルである。



③PlugPlayer

A:1458×1458
B:必要 1536→1458
C:下手糞

せっかく広い表示領域があるのに、お粗末なスケーリングのせいで台無しである。
ジャギってるじゃないか。
そんなことを気にしてどうすると言われそうだが、そういうディティールを気にするのがこの趣味のひとつの醍醐味だと思う。



④SongBook Lite

A:1230×1230
B:必要 1536→1230 ???
C:Oh…

ボケボケじゃないか! いい加減にしろ!!
しかしこの現象、実はSongBook Liteにおけるアルバムアートの拡大表示とは、タグに埋め込まれている本来の画像を持ってくるのではなく、
sbの本性800
この通常画面の左上に表示されている“512×512の画像を拡大しただけ”なのである。
そりゃボケる。
通常画面の時点でそれなりの大きさのアルバムアートを表示しているが故の悲劇、もとい怠慢というべきか。
改善を乞う。




と、いうわけで、現時点で最も美しくアルバムアートを表示させる方法とは、

『New iPadのネイティブ解像度に合わせ、1536×1536の画像をタグ付けし、Kinskyで表示する』

である。

NASによっては画像が表示されないことがあるとか、dBpowerampに丸投げで解像度に無頓着とか、ネットワークオーディオの世界はそういう次元からいいかげん脱却すべきである。



……1536×1536なんて解像度の画像なんてどこから持ってくるのか?
もちろん、CD一枚一枚スキャンである。



LUMIN Appに玉座交代。(2014/06/15)



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事 エソテリック、ネットワークオ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『MonkeyMote 4 foobar2000』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第223回『超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~』

画質:1 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要はオーディオ機器として作られた単

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第168回『プレデター 特別篇』

画質:7 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is delivering master-qualit

記事を読む

Roonの恐るべき(?)機能――Roon上のメタデータを音源にタグ付けする

 内容が内容なので、ずっと書こうか書くまいか迷っていたのだが、いつかは誰かが書くだろうし、先んじて書

記事を読む

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのBuild 208の更新内容とし

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑