*

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

公開日: : 最終更新日:2014/06/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです



手元で所有する音源を縦横無尽に管理再生するという利便性に加え、音源にアルバムアートをタグ付けすることにより「視覚でも楽しむ」こともまた、ネットワークオーディオの楽しみである。ただしその場合、タグ付け画像が高品質なことが絶対条件となる。サーバーがうまく機能したところで、そもそもタグ付けされる画像が低解像度ではお話しにならないからだ。


さて、New iPadは2048×1536という未曾有の解像度を持つに到った。

ならば、タグに埋め込む画像もそれに合わせて、1536×1536以上の解像度を用意すれば、すぐに最良の美しさを手に入れられるのか?


……残念ながらそうではない、というのが、この記事の内容である。


なお、ファイルサイズの関係上、実解像度の画像の一部を切り取るという手段を取った。




①ChorusDS HD

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
chorusds 800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
chorusds抜粋




②Kinsky

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
kinsky800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
kinsky抜粋




③PlugPlayer for iPad

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
plug800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
plug抜粋



④SongBook Lite

A.アルバムアート拡大場面(600×800に縮小しています)
songbook800


B.Aの画像部分を左上から800×800ピクセル切り取ったもの(実解像度)
songbook抜粋



おわかりいただけただろうか。

全く同じ音源を再生した場合でも、実は使うアプリによって画面に表示されるアルバムアートの具合が異なるのである。

それでは、どうしてそんなことになるのかという点を検証したい。
なお、繰り返しになるが『タグ付けする画像ファイルの解像度は1536×1536』ということを検証の前提条件とする。
すなわち、New iPadのネイティブ解像度を最大限活かせる解像度の画像である。



以下の三つの点が関わってくる。


A.アルバムアート拡大時の表示領域は何ピクセル×何ピクセルか(実測値)

B.スケーリングが必要か否か(無いに越したことはない)

C.スケーリングが上手いか下手か


この観点から、メジャーな四つのアプリをそれぞれ見ていく。



①ChorusDS HD

A:1024×1024
B:必要 1536→1024
C:いい線いってる

ChorusDS HDのアルバムアート拡大時の表示領域は四つのアプリの中で最も小さいが、同時にスケーリングが最も巧みなアプリでもある。1536→1024という、“きっかり三分の二”という割合も絡んでくるのだろう。
とはいえ、せっかくの高解像度をフルに表示できるわけではないので、どうしても極小領域のディティールは消えてしまう。



②Kinsky

A:1536×1536
B:不要
C:ドットバイドット表示なのでスケーリング不要

私の知る限り、アルバムアートの表示でiPadの解像度をフルに使い切る唯一のアプリであり、埋め込む画像ファイルをiPadの解像度に合わせれば原理的にスケーリングが不要になる。
そのため、表示品質的には最上のものとなる。印刷時点のインクのドットまで見えるレベルである。



③PlugPlayer

A:1458×1458
B:必要 1536→1458
C:下手糞

せっかく広い表示領域があるのに、お粗末なスケーリングのせいで台無しである。
ジャギってるじゃないか。
そんなことを気にしてどうすると言われそうだが、そういうディティールを気にするのがこの趣味のひとつの醍醐味だと思う。



④SongBook Lite

A:1230×1230
B:必要 1536→1230 ???
C:Oh…

ボケボケじゃないか! いい加減にしろ!!
しかしこの現象、実はSongBook Liteにおけるアルバムアートの拡大表示とは、タグに埋め込まれている本来の画像を持ってくるのではなく、
sbの本性800
この通常画面の左上に表示されている“512×512の画像を拡大しただけ”なのである。
そりゃボケる。
通常画面の時点でそれなりの大きさのアルバムアートを表示しているが故の悲劇、もとい怠慢というべきか。
改善を乞う。




と、いうわけで、現時点で最も美しくアルバムアートを表示させる方法とは、

『New iPadのネイティブ解像度に合わせ、1536×1536の画像をタグ付けし、Kinskyで表示する』

である。

NASによっては画像が表示されないことがあるとか、dBpowerampに丸投げで解像度に無頓着とか、ネットワークオーディオの世界はそういう次元からいいかげん脱却すべきである。



……1536×1536なんて解像度の画像なんてどこから持ってくるのか?
もちろん、CD一枚一枚スキャンである。



LUMIN Appに玉座交代。(2014/06/15)



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

DENON DNP-2500NE

デノン、“革新的”フルデジタルヘッドホンアンプ搭載のネットワークプレーヤー「DNP-2500NE」

記事を読む

【BDレビュー】第284回『思い出のマーニー』

画質:15 音質:9 映像:AVC・MGVC 音声:DTS-HD Mast

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第59回『28日後…』

画質:無評価 音質:9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。 音声はDTS-HD

記事を読む

【ネットワークオーディオ】LUMIN Appの詳細な挙動とささやかな改善案

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・クリアーサウンドイマイ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月30日

記事を読む

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

 せっかく書いたものがただ埋もれていくだけというのも勿体ないのでまとめ記事。  メーカー/ブランド

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第128回『リベリオン』

画質:8 音質:9→11 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画

記事を読む

【BDレビュー】第339回『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』 【Dolby Atmos】

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Do

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑