*

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2015/10/26 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメリット」と同義であり、それを越えた「ネットワークオーディオの真のメリット」とは「音楽再生における快適さ」であることを前の記事で示した。

 ただ、メリットばかり示したのでは胡散臭いので、デメリットも同時に示そうと思う。

 ネットワークオーディオのデメリットとは何か。

 なお、メリット同様、「ネットワークオーディオのデメリット」とは、その大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのデメリット」と等しいことに注意する必要がある。



①「音楽再生における快適さ」を実現するためには多くのハードルがある
――音源の管理運用において、理解・把握・実践すべきことが多岐に渡る


 CDをリッピングしました、ハイレゾ音源をダウンロードしました、ただそれだけでは終わらない。
 PCオーディオだろうが、ネットワークオーディオだろうが、デジタルファイルとして音源を扱う以上、少なくとも以下の要素は絶対に理解・把握しておかなければならない。

・タグ
・ライブラリの構築
・アルバムアート


 純PCオーディオなら、あとは再生ソフトを選択しその操作に習熟すれば事足りる。
 しかし、ネットワークオーディオの場合はまだ終わらない。

・サーバー
・プレーヤー
・コントロール


 この三要素は、ネットワークオーディオの全体像を理解するうえで非常に重要である。

 どのレベルの快適さで満足するかは人それぞれだと思うが、これらの要素を知っているのと、知らないままなんとなく使っているのでは、最終的に実現できる快適さに大きな差が出る。



②無線LANルーター、スマホ/タブレットといった機器が別途必要

 “ネットワーク”オーディオというだけあって、必然的にネットワーク――つまるところ無線LANの環境が必要になる。また、実際にコントロールを担う端末として、スマホやタブレットも必要だ。
 この手の機器をある程度使いこなしている人なら何の問題もないだろうが、「PCはまったくの苦手、でもオーディオのためにPCを買いたい」というような人の場合、無線LAN環境の構築だけで相当ハードルが高いと思う。ただ、ここまでくるとオーディオではなく電気屋さんの仕事と思うが。



③なんだかんだ言ってPCが必要

 色々なメディアで「ネットワークオーディオは再生時にPCが不要!」と喧伝されている。
 この文言は確かに正しいのだが、あくまで再生時には不要、ということであり、音源の管理運用までを含めたトータルのシステムを考えれば、どのみちPCは必要不可欠である。CDのリッピング、ハイレゾ音源のダウンロード、音源の管理運用、ライブラリの構築、こういった作業はすべてPCで行われる。PCがなければ結局何もできない、と言い換えてもいい。
 一応、PCレスで上記の作業を完結できる機器もあるにはあるのだが、やっぱりPCを使ったほうが楽なことには変わりない。適材適所。



④ソフト・ハードの組み合わせによっては、「快適さ」が実現できない場合がある

 音源の管理を万全にし、自分にとって完璧なライブラリを構築しても、コントロールアプリやサーバーソフトといったソフト面の問題、またはネットワークオーディオプレーヤーの“仕様”といったハード面の問題、そしてそれらの組み合わせ如何では、望むレベルの快適さが得られない場合がある。
 DLNAに準拠する多くのネットワークオーディオプレーヤーでは「On-Device Playlistに対応しない」とか。
 こればっかりは、残念ながらいちユーザーが頑張ったところでどうこうできるものではない。
 事実、現状のネットワークオーディオにはソフト・ハード双方に起因する様々な制約が存在している。

 しかし、自分にとって完璧なライブラリを構築しておけば、ソフトやハードのアップグレードにもすぐに追従し、その恩恵を得ることができる。
 このことは、PCオーディオがどうのこうの、ネットワークオーディオがどうのこうのと言う前に、その前段にある音源の管理がいかに重要であるかを端的に示している。
 よりよい未来を手に入れるために、音源の管理という基礎の基礎をおろそかにしてはいけない。



 ②・③・④はともかく、①に関しては、ユーザーの取り組み次第で克服できる。
 そのために、これからの各章で、音源の管理運用、そしてネットワークオーディオのシステムを構築するうえで重要となる要素について、徹底的に追及していく。

 きちんと順を追って見ていけば、必ず理解・実践できる

 安心してほしい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

LUMIN A1が国内でも単品販売

ブライトーン、LUMINのDSDネイティブ再生対応ネットワークプレーヤー単品販売  価格は

記事を読む

本当に音の良いハイレゾ音源 ― 『ハイレゾならではの高音質』とは何か

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか  上記記事において、私は  ハイレゾ音源は容量だけは間

記事を読む

しばしさらば、Focus200C

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか  Focus200Cを導入して最初に

記事を読む

【BDレビュー】第274回『Hercules / ヘラクレス』 北米盤 【Dolby Atmos導入記】

GOWが映画化するならクレイトスさん役はドウェイン・ジョンソンかな? 画質:11 音

記事を読む

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

【システム全景】(2016/03/25) オーディオとホームシアターの両立を目指して

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第226回『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』

このスタッフが後に真ゲッターを作り、マジンカイザーを作り、鴉-KARAS-を作ると思うと感動もひとし

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 サーバーソフトの複数同時運用 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフトの複数同時運用。  今までに何度も言及してきたことだが、具体的にどんなメリットがあ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第6回『ステルス』

今回はステルスを取り上げます。卑怯臭い性能のステルス戦闘機がギュオンギュオン飛び回る映画です。

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑