*

【レビュー】Bricasti Design M1 Special Edition mk2 外観・運用編

 Bricasti Design M1 Special Edition mk2。
 以下M1。


Bricasti Design M1 Special Edition mk2


 価格帯的にも立ち位置的にも直接的な競合はそのものずばりChord DAVEということになろう。
 DAVEと並び、我が家で試聴の機会を得た最も高額なDACである。


 さて。


 DACとしてはなかなか主張のあるデザインだと思う。


 価格が価格なだけあり、筐体を構成する各パーツの工作精度や組み上げ精度など、モノとしての作りは非常に良い。




 「米国Stillpoints社の協力を得て入念な調整を重ねて開発した新フット部」のおかげか、設置した際にまったくガタが出ないのも素晴らしい。

 気になるところがあるとすれば、



 内部が光るところだろうか。
 下の写真では結構派手に光っているが、実際はこんなに強くはない。
 しかし気にするなと言われても無理なレベルでは光る。


 「真空管の灯みたいできゃあすてき」といった向きもあるのかもしれない。
 が、私の場合は、ほら、ホームシアターもですね……

 ディスプレイは大きく視認性が良く、輝度調節/消灯も可能。



 そのほか、ちょっとしたセットアップが必要なリモコンが付属する。


 レシーバーが本体とは別筐体となっており、電源やら何やらが別に必要になる。
 (リモコンを使う気がなければ接続する必要はない)



 デジタルボリュームを活かしてプリアンプ的な使い方をするのでもない限り、あまりDACにリモコンは要らん気もする。
 ただM1は豊富なデジタルフィルターを搭載しており、その切り替えによって音の変化を楽しもうと思えば、視聴位置に座ったまま切り替えが可能となるリモコンには俄然価値が生じる。



 あと、それなりに発熱する。
 M1はディスプレイに本体温度を表示でき、それによると、稼働状態で45度程度にはなる。
 このクラスの機器を/に重ね置きする人はそうそういないと思われるが、それはやめておこう。



 Windows用のドライバは普通にインストールするだけ。
 特にコンフィグ的なものは用意されていないようだ。



 運用面として、JPLAYとの組み合わせについても述べる。

 結論から言うと、Kernel Streamingに対応し、そして素晴らしく安定している

 特にJPLAYに特化させる努力をしていないcanarino FilsをシングルPCモードで使い、PCM 352.8kHz/24bitまで700Hz/0.01secでの安定再生を確認。DSDは5.6MHzまで350Hz/0.01secでの安定再生を確認。
 この安定感はNmode X-DP10(JPLAYモード)を思わせる。700Hz/0.01secが最高だとかそういう話ではなく、大切なのは労せずしてこのレベルの設定まで安定して再生できているということである。あとは好きな音を出す設定値を選べばいい。


 次回、ネットワーク編に続く。

【レビュー】音質編



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

【BDレビュー】第322回『ブラック・スキャンダル』

画質:7 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

LUMIN D1 音質編

 そしてD1。 ○再生/比較環境 LUMIN A1 LUMIN L1(HDD

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Introduci

記事を読む

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUHD BDは本当に4Kマスターな

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流れとは一線を画したストイックな

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD その2

その1 ティアック、フルサイズの “Reference 7” 。第1弾はネットワークCDレシー

記事を読む

続・サーバーソフトで音は変わるか?

ネットワークオーディオの魔境を往く - サーバーで音は変わるか? ハード編 ネットワークオーディオ

記事を読む

【BDレビュー】 第242回『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』

アイアンハイド……(´;ω;`) 画質:14 音質:13 映像:AVC 音声:

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のネットワークオーディオプレーヤーを考える

理想のネットワークオーディオプレーヤーとは?  前回の記事から1年以上が経った。  LU

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑