*

【レビュー】Bricasti Design M1 Special Edition mk2 外観・運用編

 Bricasti Design M1 Special Edition mk2。
 以下M1。


Bricasti Design M1 Special Edition mk2


 価格帯的にも立ち位置的にも直接的な競合はそのものずばりChord DAVEということになろう。
 DAVEと並び、我が家で試聴の機会を得た最も高額なDACである。


 さて。


 DACとしてはなかなか主張のあるデザインだと思う。


 価格が価格なだけあり、筐体を構成する各パーツの工作精度や組み上げ精度など、モノとしての作りは非常に良い。




 「米国Stillpoints社の協力を得て入念な調整を重ねて開発した新フット部」のおかげか、設置した際にまったくガタが出ないのも素晴らしい。

 気になるところがあるとすれば、



 内部が光るところだろうか。
 下の写真では結構派手に光っているが、実際はこんなに強くはない。
 しかし気にするなと言われても無理なレベルでは光る。


 「真空管の灯みたいできゃあすてき」といった向きもあるのかもしれない。
 が、私の場合は、ほら、ホームシアターもですね……

 ディスプレイは大きく視認性が良く、輝度調節/消灯も可能。



 そのほか、ちょっとしたセットアップが必要なリモコンが付属する。


 レシーバーが本体とは別筐体となっており、電源やら何やらが別に必要になる。
 (リモコンを使う気がなければ接続する必要はない)



 デジタルボリュームを活かしてプリアンプ的な使い方をするのでもない限り、あまりDACにリモコンは要らん気もする。
 ただM1は豊富なデジタルフィルターを搭載しており、その切り替えによって音の変化を楽しもうと思えば、視聴位置に座ったまま切り替えが可能となるリモコンには俄然価値が生じる。



 あと、それなりに発熱する。
 M1はディスプレイに本体温度を表示でき、それによると、稼働状態で45度程度にはなる。
 このクラスの機器を/に重ね置きする人はそうそういないと思われるが、それはやめておこう。



 Windows用のドライバは普通にインストールするだけ。
 特にコンフィグ的なものは用意されていないようだ。



 運用面として、JPLAYとの組み合わせについても述べる。

 結論から言うと、Kernel Streamingに対応し、そして素晴らしく安定している

 特にJPLAYに特化させる努力をしていないcanarino FilsをシングルPCモードで使い、PCM 352.8kHz/24bitまで700Hz/0.01secでの安定再生を確認。DSDは5.6MHzまで350Hz/0.01secでの安定再生を確認。
 この安定感はNmode X-DP10(JPLAYモード)を思わせる。700Hz/0.01secが最高だとかそういう話ではなく、大切なのは労せずしてこのレベルの設定まで安定して再生できているということである。あとは好きな音を出す設定値を選べばいい。


 次回、ネットワーク編に続く。

【レビュー】音質編



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第80回『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

画質:9 音質:8 映像はVC-1、ビットレートは20台中心で推移。30台にも乗る。 音

記事を読む

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いというのに……  今後

記事を読む

【BDレビュー】 第245回『MEMORIES』 High Spec Edition

画質:論外 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD advanced 96

記事を読む

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで 「いつも

記事を読む

【KOKIA】 『Where to go my love?』 ハイレゾ音源配信中!

 96kHz/24bit!  ここでKOKIAのアルバムが売れれば、いずれ『Where t

記事を読む

PS4 Proが来た!

 PS4 Proの発表のタイミングで初期型を手放した結果、2ヶ月もPS4で遊べないというのは想像以上

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 システムの維持管理

 「システムの維持管理」と銘打ってはいるが、ここまできたユーザーにとって、これ以上気を付けることはほ

記事を読む

PS4 Pro

新型「PS4 Pro」11月10日発売、価格は44,980円!全てのソフトを4K画質&安定した高速フ

記事を読む

【ネットワークオーディオ】Asset UPnP for QNAP正式リリース

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

iPhoneでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 バージョン6.0で、ついに。  こないだandroidでも使えるようになったし、何や

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑