*

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を認定 – avwatch

DLNA認証を運営していたDigital Living Network Allianceが1月5日に解散した。

「DLNAはミッションを完了した」として、組織を解散し、今後はDLNAガイドライン(規格)のアップデートも行なわれない。非営利の事業者団体としてのDLNAの活動は終了するが、DLNA認定やテストなどの機能は、2月1日からSpireSpark Internationalが継承する。同社は、DLNAのエグゼクティブにより、米国ポートランドで創業。新たな料金体系のもと、DRMやHTML5を含むDLNAの認証作業を行なう。


 なんだと……


そもそもUPnP/DLNAって何だ?

DLNAにおけるデバイスクラスについて

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』


 DLNAとはあくまで「映像・画像・音声」のすべてを扱うものであり、私のように音声だけの利用に終始するユーザーはイレギュラーだったのだろう。録画の習慣がなく、映像は基本的にパッケージでしか買わない私は、ついぞ映像面でDLNAの恩恵に浴することはなかった。

 とはいえ、DLNAと、DLNAの「デバイスクラス」という考え方は、ネットワークオーディオの黎明期においてその概念の浸透に多大な役割を果たした。もっとも蓋を開けてみれば、プレーヤーが「DLNAに対応するだけ」では音楽再生機器としてまるで使い物にならないという事実があっという間に発覚したわけだが、それでもネットワークオーディオの普及に寄与したという事実に変わりはない。

 DLNAの認証は今後も続き、DLNAそのものが消滅するわけではないようだ。
 しかし今回の「解散」により、DLNAの求心力や存在感の低下は避けられまい。「DLNA対応」という言葉が(少なくともオーディオの領域において)価値を失う時もいずれやってくるだろう。私の中ではとっくに、だが。

 ネットワークオーディオに目を向ければ、DLNAが抱えていた諸々の問題を解決した実質的な上位にあたるOpenHomeがプラットフォームとして登場しており、引き続きサーバー資産を活用する環境は整っている。またUPnPとは無縁のプラットフォームも複数あり、仮にDLNAが終焉を迎えても、それはネットワークオーディオの終焉を意味するものではまったくない。
 むしろ今回の「解散」で、「ネットワークオーディオ=DLNA」という固定観念に少しでもヒビが入ればいいな、と思う。


ネットワークオーディオの「プラットフォーム」

続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready


 Twonky Serverの行く末やら、DLNA解散やら、ネットワークオーディオの領域では新年早々大きな動きが続いている。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN L1 ハード編

 デザイン、“モノ”としてのクオリティはオーディオ機器の重要な要素である。  NAS/サーバーも“

記事を読む

Roon 1.2

“総合音楽鑑賞ソフト”「Roon」のバージョン1.2が公開 - 機能を大幅に強化。iPhone用Ap

記事を読む

【レビュー】LUMIN T1 & D1

LUMIN T1 & D1 来たる LUMIN T1 & D1 ハード編 LUMIN

記事を読む

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【Roon Server】432 EVO music server

 Roon Serverのパートナーで気になったブランドその2。 432 EVO  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第15回『スーパーマン・リターンズ』

実は12月5日の海賊3発売まで購入予定のBDが無いんです…… そんなわけで、せっかく蜘蛛男を3

記事を読む

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 北米盤 【DTS:X】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。  邦題はキングだが原題はゴッド。 画質

記事を読む

no image

【アプリ紹介】Marantz Remote App

●イントロダクション NA7004で国産ネットワークオーディオプレーヤーの先陣を切ったマランツだっ

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』に関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回と前々回の記事によって、タグの何たるかはだいぶわかってもらえたと思う。  それを踏まえて

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第206回『REDLINE』

川尻大先生の「走る男」を思い出すな…… 画質:9 音質:12 映像はAVC、音声

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 虎魂王 より:

    10年くらい前にDLNAのバージョン1.5が発表されて、2.0へのカウントダウンが始まったはずなのに、2.0が発表されぬままにDLNAが解散って。非常に驚きました。

    DLNAバージョン1.5は、ネットワークオーディオのかたちを家庭用に浸透させただけでも大きな功績ですが、今はネットワークオーディオの選択肢が増えてしまって、ネットワークオーディオ=DLNAの時代ではないんですね。

    ホームオーディオではOpenHomeやROONなどがあり、PCではリモートデスクトップを使って強引にコントローラーを独立させる方法があり、ポータブルオーディオもApple Watchなどの腕時計型ウェアラブル端末を使って音楽アプリで操作する方法があり、今はホームオーディオだけでなくPCオーディオもポータブルオーディオもネットワークオーディオの時代に突入していますからね。

    ネットワークオーディオで取り残されているのはカーオーディオくらいですが、メーカーや製品の開発者がきちんとネットワークオーディオを理解しているか、CarPlayないしAndroid Autoの普及次第、腕時計型ウェアラブル端末の普及次第になるんじゃないですかね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

→もっと見る

PAGE TOP ↑