*

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を認定 – avwatch

DLNA認証を運営していたDigital Living Network Allianceが1月5日に解散した。

「DLNAはミッションを完了した」として、組織を解散し、今後はDLNAガイドライン(規格)のアップデートも行なわれない。非営利の事業者団体としてのDLNAの活動は終了するが、DLNA認定やテストなどの機能は、2月1日からSpireSpark Internationalが継承する。同社は、DLNAのエグゼクティブにより、米国ポートランドで創業。新たな料金体系のもと、DRMやHTML5を含むDLNAの認証作業を行なう。


 なんだと……


そもそもUPnP/DLNAって何だ?

DLNAにおけるデバイスクラスについて

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』


 DLNAとはあくまで「映像・画像・音声」のすべてを扱うものであり、私のように音声だけの利用に終始するユーザーはイレギュラーだったのだろう。録画の習慣がなく、映像は基本的にパッケージでしか買わない私は、ついぞ映像面でDLNAの恩恵に浴することはなかった。

 とはいえ、DLNAと、DLNAの「デバイスクラス」という考え方は、ネットワークオーディオの黎明期においてその概念の浸透に多大な役割を果たした。もっとも蓋を開けてみれば、プレーヤーが「DLNAに対応するだけ」では音楽再生機器としてまるで使い物にならないという事実があっという間に発覚したわけだが、それでもネットワークオーディオの普及に寄与したという事実に変わりはない。

 DLNAの認証は今後も続き、DLNAそのものが消滅するわけではないようだ。
 しかし今回の「解散」により、DLNAの求心力や存在感の低下は避けられまい。「DLNA対応」という言葉が(少なくともオーディオの領域において)価値を失う時もいずれやってくるだろう。私の中ではとっくに、だが。

 ネットワークオーディオに目を向ければ、DLNAが抱えていた諸々の問題を解決した実質的な上位にあたるOpenHomeがプラットフォームとして登場しており、引き続きサーバー資産を活用する環境は整っている。またUPnPとは無縁のプラットフォームも複数あり、仮にDLNAが終焉を迎えても、それはネットワークオーディオの終焉を意味するものではまったくない。
 むしろ今回の「解散」で、「ネットワークオーディオ=DLNA」という固定観念に少しでもヒビが入ればいいな、と思う。


ネットワークオーディオの「プラットフォーム」

続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready


 Twonky Serverの行く末やら、DLNA解散やら、ネットワークオーディオの領域では新年早々大きな動きが続いている。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第97回『ダークシティ』 北米盤

※日本盤は買ってはいけない。画も音も劣化した挙句ディレクターズカット版ではない※ 画質

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』  今度はiPhone版。  

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Carpenters / Singles 1969-1981

・アーティスト / アルバムタイトル Carpenters / Singles 1969-1981

記事を読む

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブルーレイ発売 特集『ブレードラ

記事を読む

NmodeのDACプリ

2016.10.12 Wednesday 新製品、開発中! - Nmodeブログ DACプリで

記事を読む

【アプリ紹介】SongBook’11 UPnP iPad版

※この記事のデータ等は基本的に2012年3月26日のものです ●イントロダクション

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

LUMINがTIDALに対応

 ん?  おッ!  「ストリーミングオーディオ」という形態が海外では常識になりつ

記事を読む

【BDレビュー】第258回『RWBY Volume 1』

 2期のOP公開記念  もっともっと評価されるべき快作。  BDの構成としては、

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 虎魂王 より:

    10年くらい前にDLNAのバージョン1.5が発表されて、2.0へのカウントダウンが始まったはずなのに、2.0が発表されぬままにDLNAが解散って。非常に驚きました。

    DLNAバージョン1.5は、ネットワークオーディオのかたちを家庭用に浸透させただけでも大きな功績ですが、今はネットワークオーディオの選択肢が増えてしまって、ネットワークオーディオ=DLNAの時代ではないんですね。

    ホームオーディオではOpenHomeやROONなどがあり、PCではリモートデスクトップを使って強引にコントローラーを独立させる方法があり、ポータブルオーディオもApple Watchなどの腕時計型ウェアラブル端末を使って音楽アプリで操作する方法があり、今はホームオーディオだけでなくPCオーディオもポータブルオーディオもネットワークオーディオの時代に突入していますからね。

    ネットワークオーディオで取り残されているのはカーオーディオくらいですが、メーカーや製品の開発者がきちんとネットワークオーディオを理解しているか、CarPlayないしAndroid Autoの普及次第、腕時計型ウェアラブル端末の普及次第になるんじゃないですかね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑