*

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を認定 – avwatch

DLNA認証を運営していたDigital Living Network Allianceが1月5日に解散した。

「DLNAはミッションを完了した」として、組織を解散し、今後はDLNAガイドライン(規格)のアップデートも行なわれない。非営利の事業者団体としてのDLNAの活動は終了するが、DLNA認定やテストなどの機能は、2月1日からSpireSpark Internationalが継承する。同社は、DLNAのエグゼクティブにより、米国ポートランドで創業。新たな料金体系のもと、DRMやHTML5を含むDLNAの認証作業を行なう。


 なんだと……


そもそもUPnP/DLNAって何だ?

DLNAにおけるデバイスクラスについて

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』


 DLNAとはあくまで「映像・画像・音声」のすべてを扱うものであり、私のように音声だけの利用に終始するユーザーはイレギュラーだったのだろう。録画の習慣がなく、映像は基本的にパッケージでしか買わない私は、ついぞ映像面でDLNAの恩恵に浴することはなかった。

 とはいえ、DLNAと、DLNAの「デバイスクラス」という考え方は、ネットワークオーディオの黎明期においてその概念の浸透に多大な役割を果たした。もっとも蓋を開けてみれば、プレーヤーが「DLNAに対応するだけ」では音楽再生機器としてまるで使い物にならないという事実があっという間に発覚したわけだが、それでもネットワークオーディオの普及に寄与したという事実に変わりはない。

 DLNAの認証は今後も続き、DLNAそのものが消滅するわけではないようだ。
 しかし今回の「解散」により、DLNAの求心力や存在感の低下は避けられまい。「DLNA対応」という言葉が(少なくともオーディオの領域において)価値を失う時もいずれやってくるだろう。私の中ではとっくに、だが。

 ネットワークオーディオに目を向ければ、DLNAが抱えていた諸々の問題を解決した実質的な上位にあたるOpenHomeがプラットフォームとして登場しており、引き続きサーバー資産を活用する環境は整っている。またUPnPとは無縁のプラットフォームも複数あり、仮にDLNAが終焉を迎えても、それはネットワークオーディオの終焉を意味するものではまったくない。
 むしろ今回の「解散」で、「ネットワークオーディオ=DLNA」という固定観念に少しでもヒビが入ればいいな、と思う。


ネットワークオーディオの「プラットフォーム」

続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready


 Twonky Serverの行く末やら、DLNA解散やら、ネットワークオーディオの領域では新年早々大きな動きが続いている。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

WAVとFLACで音は変わるか?

 変わりません。     完

記事を読む

【BDレビュー】 第240回『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

ちょっとスポックさんスペック高すぎじゃないですかね…… 画質:11 音質:10

記事を読む

【記事修正とお詫び】オーディオ業界は本気でハイレゾを普及させる気があるのかという疑問

eufonius、大ヒット作『frasco』のDSDマスターを解禁!! 【記事修正とお詫び

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案内 【変更前】192k

記事を読む

【音源管理の精髄】 ハイレゾ音源! ……でもちょっと待った 【ネットワークオーディオTips】

 12月18日にエヴァのハイレゾが出て、かつ色んな意味で期待通りだったので予定通り書くとしよう。

記事を読む

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Home Entertainmen

記事を読む

【Roon & RoonReady】sMS-1000SQ Windows Edition & sMS-200 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>SOtM、世界に先駆けたRoonServer「sMS-1000SQ Window

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・オーディオユニオン お茶の水アクセサリー館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月8日に

記事を読む

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs New Functionality

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 虎魂王 より:

    10年くらい前にDLNAのバージョン1.5が発表されて、2.0へのカウントダウンが始まったはずなのに、2.0が発表されぬままにDLNAが解散って。非常に驚きました。

    DLNAバージョン1.5は、ネットワークオーディオのかたちを家庭用に浸透させただけでも大きな功績ですが、今はネットワークオーディオの選択肢が増えてしまって、ネットワークオーディオ=DLNAの時代ではないんですね。

    ホームオーディオではOpenHomeやROONなどがあり、PCではリモートデスクトップを使って強引にコントローラーを独立させる方法があり、ポータブルオーディオもApple Watchなどの腕時計型ウェアラブル端末を使って音楽アプリで操作する方法があり、今はホームオーディオだけでなくPCオーディオもポータブルオーディオもネットワークオーディオの時代に突入していますからね。

    ネットワークオーディオで取り残されているのはカーオーディオくらいですが、メーカーや製品の開発者がきちんとネットワークオーディオを理解しているか、CarPlayないしAndroid Autoの普及次第、腕時計型ウェアラブル端末の普及次第になるんじゃないですかね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑