*

シン・ゴジラのUHD BD

公開日: : 最終更新日:2016/12/22 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

「シン・ゴジラ」が’17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満載の特典BD – AV Watch

 待ってました。


 気になったのは音声で、DTS-HD Master Audioの3.1chという仕様。

 この3.1chというのは、「フロント+センター+LFE」のことなのか、それとも「フロント+リアセンター+LFE」のことなのか。単に3.1chというだけでは判断に困る。個人的には後者なのだと思いたいが……どうなのだろう。
→やはりフロント3chなのか……よくよく見ればサントラのブックレットにも書いてあった。

 ちなみにIMDbによれば、当初からシン・ゴジラのSound Mixは「Dolby Digital (3.1)」となっていた。
 今時3.1chなんて珍しいなあ、たしか昔々買ったマクロスプラスのDVDが3.1chだっけ、などと思っていたら、BD/UHD BDの音声も3.1ch。奇しくもIMDbの情報の確度を証明する/高める形になった。


 そして映像面は以下の通り。

・Camera
Arri Alexa XT Studio, Zeiss Master Prime and Angenieux Optimo Lenses
Canon XC10 (some scenes)
GoPro Hero 4 Black Edition (some scenes)
Red Epic, Zeiss Master Prime and Angenieux Optimo Lenses
iPhone 6S Plus (some scenes)

・Cinematographic Process
ARRIRAW (3.4K) (2.8K) (source format)
Canon H264 (4K) (source format)
Digital Intermediate (2K) (master format)
Redcode RAW (5K) (source format)


 ハリウッドの大作映画でさえ2Kマスターがまかり通っている現状で、シン・ゴジラのマスターについてとやかく言うつもりはない。
 全編4K製作だという『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』の画はなかなか素晴らしかった。それに続いて、邦画として、ただただ凄い画を見せてくれることを期待するのみである。



シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話


【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

続・dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集

dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 Asset UPnP Re

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?

7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……? Dolby Atmos収録版

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

トップスピーカーの選択  天井への埋め込みは困難。  悲しいけれどDynaudioは極めて困

記事を読む

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。  以下、サーバーに関するありがちな誤解である。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第1回『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』

やる気のある内に早々と第一回。 記念すべき?第一回は父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙、いわゆ

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ヘラクレス堕つ

ドルビーアトモス第2弾 ! 『ヘラクレス』 (3D/2D Blu-Ray with Dolby At

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『LUMIN App』

 このアプリがなければ、DSからLUMINに乗り換えることはなかった。  あらかじめ言っておく

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『media:connect』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第15回『スーパーマン・リターンズ』

実は12月5日の海賊3発売まで購入予定のBDが無いんです…… そんなわけで、せっかく蜘蛛男を3

記事を読む

【アニソンオーディオ】 リファレンス・アニソン10選

 アニソンオーディオの中で面白いと思った記事なので便乗。  めんどくさい部分は省くが、なるべく紙面

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑