*

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2015/09/11 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。
 以下、サーバーに関するありがちな誤解である。
 一部、サーバーとか誤解とかそういう次元じゃないだろ……というものも交じっているが、気にしない方向で。

 いずれ、「PC/ネットワークオーディオにおけるありがちな誤解」という形でまとめなくちゃ駄目かも。



・ネットワークオーディオでは、NASの性能で使い勝手が決まる


 決まりません。

 では次。


・NASがないとネットワークオーディオはできない


 できます。

 では次。


・LINN DSではできるのに、他の(以下略


 LINNは関係ありません。

 では次。



・QNAPは使いやすいが、○○というメーカーは使いにくい
・QNAPだと選曲の際に色々な選択肢があるが、○○だとそれがない


 問題なのはメーカーではなく、中で走っているサーバーソフト。

 では次。



・クラシックの曲名(アルバムタイトルという意味での?)、作曲家、演奏家、指揮者、多楽章を楽章単位(要するにトラック単位?)で選曲できない


 タグが完璧に整備されていることを大前提にして、その後は使うサーバーソフトによる。
 例えば演奏者と指揮者による選曲はTwonkyでは不可能。
 多楽章を楽章単位で……というのはサーバーではなく音源を作る段階の問題であり、アプリの問題。ちなみにトラック単位での選曲もできないようなふざけたアプリは(極めて出来の悪い国産アプリを除き)存在しないのでご安心を。
 より柔軟な運用を目指すならAsset UPnPがおすすめ。

 では次。


・今使っているNASに不満はないけど、音質向上のためにオーディオ用NASに買い替えよう!

 ちょっと待った、そのオーディオ用NASとやらの中身のサーバーソフトが今使っているNASと同じならいいけれど、もし別物なら、今満足しているところのサーバーの振る舞いが変わってしまう。
 別に買うなと言っているわけではないが、本当に大丈夫?

 では次。


・ネットワークオーディオなんてクソだ! こんなもんやってられるか!


 確かに、ネットワークオーディオはメディアで喧伝されているように「簡単」では全然ないけれど、決してクソではない。どうか見限らないでほしい。
 実際、快適なネットワークオーディオに辿り着くためのハードルは高い。


1.PCに必要なソフトを全てインストールする。
  無線LANルーターを買ってきてネットワーク環境を構築する。

2.完璧な状態でCDをリッピングする。
  あるいは、ダウンロードした音源のタグを完璧に管理編集する。

3.完璧な状態でアルバムアートを音源に埋め込む。

4.2&3を全てのアルバムに行い、完璧なライブラリを構築する。

5.自分の志向にぴたり合うサーバーソフトを見つけ、それに基づいてサーバーをセットアップする。

6.自分の志向にぴたり合うコントロールアプリを見つけ、そして聴く!


 このどれかひとつ欠けても駄目。
 何か変だぞと思ったら、この中のどの段階で問題が生じているのか把握しなければならない。
 つまり、ネットワークオーディオのシステムにおいて間違いなくサーバーは必要不可欠かつ重要な要素である一方で、

 NASを買ってきただけでは――サーバーを用意しただけではどうにもならない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

Roon関連記事まとめ

 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽

記事を読む

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこうと思う。  と

記事を読む

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 北米盤

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』 画質:12 (画質はHD環境・B

記事を読む

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満載の特典BD - AV Wat

記事を読む

【BDレビュー】第282回『X-MEN: フューチャー&パスト』

画質:12 音質:10 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第92回『マトリックス』

先に結論。 HDDVDの焼き増しである。 ワーナー…… ちなみに、海外版輸入ながらPS

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

【ネットワークオーディオ】Asset UPnP for QNAP正式リリース

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑