*

【音源管理の精髄】 スキャンと画像編集 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2015/09/06 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 スキャン。
 最も高解像度のアルバムアートを得る最も確実な方法。

 さっそくスキャンしよう。

 ちなみに私は1200DPIでスキャンしている。
 「は?」と思った人、正しい。そもそもそんなに高いDPIで印刷してないだろうと。まったくもってその通り。これはあくまで私の趣味である。
 DPIは300で十分、400で十分すぎ、600で過剰、そんな感じだろうと思う。実際最近の超高解像度タブレットでさえDPIは300が精々。

 ちなみに、CDのジャケットサイズ(12cm)を300DPIでスキャンすると、画像の解像度は1417×1417となる。


 とにかくスキャンだスキャン。
 どんなスキャナを使うかは人それぞれ。スキャンの方法も人それぞれ。

3

 で、出来上がってきた画像。

WS000045

 1200DPIでスキャンなんかするもんだから、出てくる画像の解像度は5000×5000以上、容量は数十メガという重量級。
 この画像をそのまんま音源に埋め込む意味はないので、リサイズする。

 私が使っているタブレットはiPad Air。解像度は2048×1536。すなわち、正方形の画像を表示させた場合の最大解像度は、1536×1536となる。
 よって、無闇に高解像度の元画像から、1536×1536の画像へとリサイズする。好きな画像編集ソフトを使えばいい。

(1200DPIは、こんな風に印刷のインクドットが丸見えの解像度)
WS000046

WS000047

 このリサイズが肝要である。

 言うまでもないことだが、1200DPI(でなくてもいいが)の元画像は残しておく
 将来的に別のタブレットの乗り換えたり、常用するアプリを切り替えたりする場合、それに合わせた最適なリサイズを再び行うためである。
 最適なリサイズ云々については、以下の記事で詳しく書いているので参考にしてしてほしい。

・iPadに最も美しいアルバムアートを表示させるコントロールアプリは?

 このようにして出来上がった画像を埋め込むことで、音源は完成する。


 ついでに、前の記事で出てきたマチルダさんに再登場してもらおう。

 いわゆる縦長シングル8㎝盤なので、そのまんまスキャンするとこうなる。

folder

 で、このままで音源に埋め込むと、使用するソフト/アプリによってはこうなる。
 Oh…
1

 これは基本的に画像の縦横比を維持しないソフト/アプリが悪いのだが、様々な理由でどうしてもそのソフト/アプリを使いたい、ということもあるだろう。
 そのような場合は画像に黒枠を追加して、縦横の比率を1:1にする。

1

 これを埋め込めば、ご覧のとおり。
 非常に地味かつ地道な作業だが、これで画像の縦横比は保たれる。
 無論、ソフト/アプリの側で画像の縦横比がきちんと保たれることに越したことはないのだが。

2

 アルバムアートはアルバムの顔であり、音楽と聴く者を結び付ける大切な要素である。
 CDをリッピングする際、ジャケットをスキャンすることで、真に「自分が持っていたCDのデータ化」が果たされる。
 CD、ディスクそのものを音楽再生に使わなくなるにせよ、その記憶は永遠に残る。


 「なんでそんなところにまでこだわるの?」と聞かれるかもしれない。

 こだわろうと思わなければ、そもそもオーディオなんて趣味をやっていない。



【音源管理の精髄】 序 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 北米盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』 画質:14 (画質はHD環境

記事を読む

DELA N1Z 運用編

 とりあえずLAN端子のランプを消そう。  眩しい。 ↓  ランプを消灯することでノイ

記事を読む

JS PC Audio NH100

【魔境】ハブで音は変わるか? JS PC Audio NH100  先代のNH1

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ②

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第146回『ターミネーター4』

画質:9 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。SPEはドルビーを

記事を読む

LUMIN App Version 3.0

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第48回『デジャヴ』

カッとなってカッたソフトのひとつ。 予約買いじゃねーからたけーでやんの。 発売はディズニー。コー

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App Version 2.0 検証

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ハード編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    参考までにききたいのですが、写真のスキャン~音源にタグ付けまでの間に、画像にモアレ除去等の編集はしているのでしょうか?

  2. sakakihajime より:

    リサイズ以外ですと、モアレ除去はあまりにも気になった場合のみ、あとは彩度やコントラストの補正程度です。

    輪郭を云々するとか傷を取り除くとか、その手のことは特にしていません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑