*

【音源管理の精髄】 CDジャケットのスキャンと画像編集 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2017/06/10 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

【2017/06/06追記】

 iPad Pro(2017)の登場により、下記の「解像度1536ピクセル志向」も事実上終わりを迎えた。
 とはいえ、少なくとも「CDのジャケット」相当の画質を再現するだけなら、12÷2.54×300≒1417ピクセルの解像度があれば問題はなかったので、今まで埋め込んできたアルバムアートの画質が一気に陳腐化するなんてことは起こらない。

【追記終わり】



 スキャン。
 音源のオリジナルがCDならば、最も高解像度の画像を得る最も確実な方法。

 さっそくスキャンしよう。

 ちなみに私は1200DPIでスキャンしている。
 「は?」と思った人は正しい。そもそもそんなに高いDPIで印刷してないだろうと。まったくもってその通りであり、これはあくまでも私の趣味である。
 DPIは300で十分、400で十分すぎ、600で過剰、そんな感じだろうと思う。実際最近の超高解像度タブレットでさえDPIは300が精々。1200などもはや狂気の沙汰だ。

 ちなみに、CDのジャケットサイズ(12cm)を300DPIでスキャンすると、画像の解像度は1417×1417となる。
 つまり、1417×1417程度の解像度があれば、画質的にはそれで充分なのである。
(なお、TIDALといったストリーミングサービスでもここまで高解像度の画像がアルバムアートに使われているかは謎)


 というわけでスキャン。
 どんなスキャナを使うかは人それぞれ。スキャンの方法も人それぞれ。

3

 で、出来上がってきた画像。

WS000045

 1200DPIでスキャンなんかするもんだから、出てくる画像の解像度は5000×5000以上、容量は数十メガという重量級。
 この画像をそのまんま音源に埋め込む意味はないので、リサイズする。

 私が使っているタブレットはiPad Air。解像度は2048×1536。すなわち、正方形の画像を表示させた場合の最大解像度は、1536×1536となる。
 よって、無闇に高解像度の元画像から、1536×1536の画像へとリサイズする。好きな画像編集ソフトを使えばいい。

(1200DPIは、こんな風に印刷のインクドットが丸見えの解像度)
WS000046

WS000047

 このリサイズが肝要である。

 言うまでもないことだが、1200DPI(でなくてもいいが)の元画像は残しておく
 将来的に別のタブレットの乗り換えたり、常用するアプリを切り替えたりする場合、それに合わせた最適なリサイズを再び行うためである。
→まぁ、別にここまでしなくても…………いずれにせよ元ファイルの保存は大事。

 最適なリサイズ云々については、以下の記事で詳しく書いているので参考にしてしてほしい。

・iPadに最も美しいアルバムアートを表示させるコントロールアプリは?


 このようにして出来上がった画像を埋め込むことで、音源は完成する。


 ついでに、前の記事で出てきたマチルダさんに再登場してもらおう。

 いわゆる縦長シングル8㎝盤なので、そのまんまスキャンするとこうなる。

folder

 で、このままで音源に埋め込むと、使用する再生ソフトやコントロールアプリによってはこうなる。
 Oh…
1

 これは基本的に画像の縦横比を維持しないソフト/アプリが悪いのだが、様々な理由から、どうしてもそのソフト/アプリを使いたい、ということもあるだろう。
 そのような場合は画像に黒枠を追加して、縦横の比率を1:1にする。

1

 これを埋め込めば、ご覧のとおり。
 非常に地味かつ地道な作業だが、これで画像の縦横比は保たれる。
 無論、ソフト/アプリの側で画像の縦横比がきちんと保たれることに越したことはないのだが。

2

 アルバムアートはアルバム――音源それ自体の顔であり、音楽と聴く者を結び付ける大切な要素である。
 CDをリッピングする際、ジャケットをスキャンすることで、本当の意味で「自分が持っていたCDのデータ化」が果たされる。
 CD、ディスクそのものを音楽再生に使わなくなるにせよ、その記憶は永遠に残る。


 「なんでそんなところにまでこだわるの?」と聞かれるかもしれない。

 こだわろうと思わなければ、そもそもオーディオなんて趣味をやっていない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第66回『パプリカ』

画質:8 音質:10 映像はMPEG-2、動きのある場面では基本的に30Mbpsの大台。

記事を読む

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入

<音展>アイ・オー、“ハイレゾのため究極設計”のオーディオNAS参考出展 - 20万円以下予定

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか?

 魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  今回の魔境はかなり深

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Cocktail

記事を読む

【ネットワークオーディオ】コントロールアプリ・iPad篇

※この記事の内容・データ等は2012年3月21日時点のものです       手始

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第73回『ベオウルフ』

画質:8 音質:7 映像はVC-1で10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

【音源管理の精髄】 JRiver Media Centerでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 JRiver Media Center。長いから以後JRiverと呼ぶ。  高品質かつ多機能な再

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第183回『ランボー 最後の戦場』 北米盤 エクステンデッド・カット

画質:8 音質:15☆ Fuckin' Awesome 映像はAVC、音声は【DTS-HD

記事を読む

PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

PS4 Pro  PS2で初めてDVDを見、PS3で初めてBDを見た者として、PS4 Proが

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    参考までにききたいのですが、写真のスキャン~音源にタグ付けまでの間に、画像にモアレ除去等の編集はしているのでしょうか?

  2. sakakihajime より:

    リサイズ以外ですと、モアレ除去はあまりにも気になった場合のみ、あとは彩度やコントラストの補正程度です。

    輪郭を云々するとか傷を取り除くとか、その手のことは特にしていません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑