*

【音源管理の精髄】 同一アルバムにおける複数のアルバムアートの扱い 【ネットワークオーディオTips】

 質問をもらったので。

例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」があるとして、トラック1~5に「A」、トラック6~10に「B」をタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、トラックごとにタグ付けしたアルバムアートがちゃんと表示されるのでしょうか?
また、1トラックにアルバムアートを2重にタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、そのトラックのアルバムアートはどう表示されるのでしょうか?



 これが問題になる局面はそうそうないとは思うが、この記事の続編にもなるか。
 特に気にしてこなかったことも事実なので、一曲ずつに個別のアルバムアートが仕込まれている素敵仕様のHD Tracksの2015年サンプラーでさっそく検証だ。


 とりあえず、

>コントロールアプリ上では、トラックごとにタグ付けしたアルバムアートがちゃんと表示されるのでしょうか?

 まずはアプリの表示能力による。
 例えばLinn Kazooはこのとおり。
20160518アルバムアートiPad02-1
20160518アルバムアートiPad02-2

 その辺LUMIN Appならば問題ないので、これからはそれを使って話を進める。

 アプリの表示能力はクリア。次に問題になるのはサーバーソフトである。
 例によって有名どころを検証。
 なお、LUMIN Appでプレイリストに入れた音源もブラウズ領域と同様の表示となる。

 Twonky Server:問題なし
20160518アルバムアートiPad08
20160518アルバムアートiPad09

 Asset UPnP:ん? とりあえず問題なし
20160518アルバムアートiPad10
20160518アルバムアートiPad11

 MinimServer:問題なし
20160518アルバムアートiPad12
20160518アルバムアートiPad13

 Kazoo Server:グワーッ!
20160518アルバムアートiPad14
20160518アルバムアートiPad15


 ついでに再生ソフトも試してみた。

 JRiver & JRemote:アルバムの中身はアレだが再生画面では個別に表示される
20160518アルバムアートiPad21
20160518アルバムアートiPad01
20160518アルバムアートiPad02
20160518アルバムアートiPad03

 foobar2000 & MonkeyMote 4 foobar2000:JRemoteと同様
20160518アルバムアートiPad16
20160518アルバムアートiPad17

 Roon:Oh…Roonの意外な弱点を見た感
20160518アルバムアートiPad18
20160518アルバムアートiPad19
20160518アルバムアートiPad20


 ソフトによっては一曲目以外のアルバムアートがサムネイルに使われているのは何なんだろう。詳細不明。ソフトにとって意図しないケースで謎挙動でもしているのかもしれない。ちなみにLUMIN L1でも問題なかった。

 検証に使ったHD Tracksのサンプラーはフォルダに「folder.jpg」を置いていないが、まったく別の画像を置けばどうなるのだろう?
 そこで、「folder.jpg」を置いた場合を、ジャンルを「Test」に変えて検証した。
20160518アルバムアートPC07

 Twonky Server:サムネも中身もタグ優先
20160518アルバムアートiPad04

 Asset UPnP:サムネも中身もタグ優先(またサムネが変わってる……)
20160518アルバムアートiPad05

 MinimServer:サムネも中身もタグ優先
20160518アルバムアートiPad06

 Kazoo Server:!? サムネも中身も「folder.jpg」優先
20160518アルバムアートiPad07

 スクショは撮っていないが再生ソフトトリオも全部タグ優先。


 まぁ、色々とあるようだ。


 続いて、

>1トラックにアルバムアートを2重にタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、そのトラックのアルバムアートはどう表示されるのでしょうか?

 とりあえず、一言でアルバムアートと言っても、タグとして埋め込むからには内部的に様々な種類がある。
 こんな具合に。(画像はMediaMonkeyのメニュー)
20160518アルバムアートPC03

 で、普通にアルバムアートをタグ付けする場合は「カバー(表)」になる。
20160518アルバムアートPC02

 この「カバー(表)」というのはMediaMonkeyでの呼称で、dBpowerampでは「Front Album Cover」となる。要するに表である。呼び名は違うが内部的に指すものは同じ。
20160518アルバムアートPC01

 質問の「二重にタグ付け」というのが厳密にどのような意味なのか少々アレだが、「複数の画像をアルバムアートとして付加する」と解釈する。
 例えば「表」と「裏」をそれぞれ付加する場合。
 MediaMonkeyでは「カバー(裏)」になる。保存する画像ファイル名はとりあえず「back.jpg」にした。
20160518アルバムアートPC04

 出来上がりはこうなる。
20160518アルバムアートPC08
20160518アルバムアートPC05

 で、これをアプリで見ると、こうなる。
20160518アルバムアートiPad22

 というわけで、基本的に「表」のアルバムアートが優先されると考えて問題ないだろう。
 まだまだ検証のネタは尽きない。

 しかし、「表」以外の画像を表示・活用する方法は……



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第334回『アイアン・ジャイアント』 北米盤

 時々、自らのコレクションに迎え入れられることを誇りに思う作品が存在する。  『アイアン・

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Justin Bieber / Purpose

・アーティスト / アルバムタイトル Justin Bieber / Purpose

記事を読む

B&W CM Series 2登場

 ますますすっきりしたデザインになった。  順当なシリーズ刷新。  どうやらCMシリーズ

記事を読む

【BDレビュー】第307回『イミテーション・ゲーム』

 ベネディクト・カンバーバッチってのはたいした役者だな…… 画質:15 音質:12 (

記事を読む

【CES2016】眩しいディスプレイよりも黒が黒いディスプレイが欲しい

 テレビにおいては「解像度が4Kであることはもはや優位性ではない」とでも言わんばかりに、「その先」の

記事を読む

【アプリ紹介】Kinsky iPad版

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Kins

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGE

記事を読む

【音源管理の精髄】 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 Mp3tag。  言わずと知れた、歴史あるタグ編集ソフトである。  私も4年前にLINN DS

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Natalie Merchant / Tigerlily

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Tigerlily

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION III

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    検証ありがとうございます。
    たいへん参考になりました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑