*

【音源管理の精髄】 同一アルバムにおける複数のアルバムアートの扱い 【ネットワークオーディオTips】

 質問をもらったので。

例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」があるとして、トラック1~5に「A」、トラック6~10に「B」をタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、トラックごとにタグ付けしたアルバムアートがちゃんと表示されるのでしょうか?
また、1トラックにアルバムアートを2重にタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、そのトラックのアルバムアートはどう表示されるのでしょうか?



 これが問題になる局面はそうそうないとは思うが、この記事の続編にもなるか。
 特に気にしてこなかったことも事実なので、一曲ずつに個別のアルバムアートが仕込まれている素敵仕様のHD Tracksの2015年サンプラーでさっそく検証だ。


 とりあえず、

>コントロールアプリ上では、トラックごとにタグ付けしたアルバムアートがちゃんと表示されるのでしょうか?

 まずはアプリの表示能力による。
 例えばLinn Kazooはこのとおり。
20160518アルバムアートiPad02-1
20160518アルバムアートiPad02-2

 その辺LUMIN Appならば問題ないので、これからはそれを使って話を進める。

 アプリの表示能力はクリア。次に問題になるのはサーバーソフトである。
 例によって有名どころを検証。
 なお、LUMIN Appでプレイリストに入れた音源もブラウズ領域と同様の表示となる。

 Twonky Server:問題なし
20160518アルバムアートiPad08
20160518アルバムアートiPad09

 Asset UPnP:ん? とりあえず問題なし
20160518アルバムアートiPad10
20160518アルバムアートiPad11

 MinimServer:問題なし
20160518アルバムアートiPad12
20160518アルバムアートiPad13

 Kazoo Server:グワーッ!
20160518アルバムアートiPad14
20160518アルバムアートiPad15


 ついでに再生ソフトも試してみた。

 JRiver & JRemote:アルバムの中身はアレだが再生画面では個別に表示される
20160518アルバムアートiPad21
20160518アルバムアートiPad01
20160518アルバムアートiPad02
20160518アルバムアートiPad03

 foobar2000 & MonkeyMote 4 foobar2000:JRemoteと同様
20160518アルバムアートiPad16
20160518アルバムアートiPad17

 Roon:Oh…Roonの意外な弱点を見た感
20160518アルバムアートiPad18
20160518アルバムアートiPad19
20160518アルバムアートiPad20


 ソフトによっては一曲目以外のアルバムアートがサムネイルに使われているのは何なんだろう。詳細不明。ソフトにとって意図しないケースで謎挙動でもしているのかもしれない。ちなみにLUMIN L1でも問題なかった。

 検証に使ったHD Tracksのサンプラーはフォルダに「folder.jpg」を置いていないが、まったく別の画像を置けばどうなるのだろう?
 そこで、「folder.jpg」を置いた場合を、ジャンルを「Test」に変えて検証した。
20160518アルバムアートPC07

 Twonky Server:サムネも中身もタグ優先
20160518アルバムアートiPad04

 Asset UPnP:サムネも中身もタグ優先(またサムネが変わってる……)
20160518アルバムアートiPad05

 MinimServer:サムネも中身もタグ優先
20160518アルバムアートiPad06

 Kazoo Server:!? サムネも中身も「folder.jpg」優先
20160518アルバムアートiPad07

 スクショは撮っていないが再生ソフトトリオも全部タグ優先。


 まぁ、色々とあるようだ。


 続いて、

>1トラックにアルバムアートを2重にタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、そのトラックのアルバムアートはどう表示されるのでしょうか?

 とりあえず、一言でアルバムアートと言っても、タグとして埋め込むからには内部的に様々な種類がある。
 こんな具合に。(画像はMediaMonkeyのメニュー)
20160518アルバムアートPC03

 で、普通にアルバムアートをタグ付けする場合は「カバー(表)」になる。
20160518アルバムアートPC02

 この「カバー(表)」というのはMediaMonkeyでの呼称で、dBpowerampでは「Front Album Cover」となる。要するに表である。呼び名は違うが内部的に指すものは同じ。
20160518アルバムアートPC01

 質問の「二重にタグ付け」というのが厳密にどのような意味なのか少々アレだが、「複数の画像をアルバムアートとして付加する」と解釈する。
 例えば「表」と「裏」をそれぞれ付加する場合。
 MediaMonkeyでは「カバー(裏)」になる。保存する画像ファイル名はとりあえず「back.jpg」にした。
20160518アルバムアートPC04

 出来上がりはこうなる。
20160518アルバムアートPC08
20160518アルバムアートPC05

 で、これをアプリで見ると、こうなる。
20160518アルバムアートiPad22

 というわけで、基本的に「表」のアルバムアートが優先されると考えて問題ないだろう。
 まだまだ検証のネタは尽きない。

 しかし、「表」以外の画像を表示・活用する方法は……



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 序

※前置き※ これから延々と移植していくBDレビューは2007年9月14日からスタートしたもので

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第137回『2001年 宇宙の旅』

画質:8 無限の彼方:10☆ 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHD。ビット

記事を読む

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを  祝・発売。

記事を読む

「ハイレゾだから高音質」という幻想

 愚痴。  最近、オーディオ業界のありとあらゆる場所で、「ハイレゾは高音質」「ハイレゾ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・追記】

記事を読む

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第189回『BLACK HAWK DOWN』 北米盤

日本での発売が頓挫してから何の音沙汰も無いのであきらめて輸入 画質:9 音質:14

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第211回『遊星からの物体X』

犬はスタン・ウィンストン大先生の作品 画質:7 音質:8 仕様詳細はsiro様の

記事を読む

心の底からすすめたいBD10選

 BDのローンチから9年。次世代たるUHD BDがローンチした今日この頃。  しかし未だに「BDと

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Marvin Gaye / The Marvine Gaye Collection

・アーティスト / アルバムタイトル Marvin Gaye / The Marvine Gaye

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    検証ありがとうございます。
    たいへん参考になりました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑