*

【音源管理の精髄】 同一アルバムにおける複数のアルバムアートの扱い 【ネットワークオーディオTips】

 質問をもらったので。

例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」があるとして、トラック1~5に「A」、トラック6~10に「B」をタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、トラックごとにタグ付けしたアルバムアートがちゃんと表示されるのでしょうか?
また、1トラックにアルバムアートを2重にタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、そのトラックのアルバムアートはどう表示されるのでしょうか?



 これが問題になる局面はそうそうないとは思うが、この記事の続編にもなるか。
 特に気にしてこなかったことも事実なので、一曲ずつに個別のアルバムアートが仕込まれている素敵仕様のHD Tracksの2015年サンプラーでさっそく検証だ。


 とりあえず、

>コントロールアプリ上では、トラックごとにタグ付けしたアルバムアートがちゃんと表示されるのでしょうか?

 まずはアプリの表示能力による。
 例えばLinn Kazooはこのとおり。
20160518アルバムアートiPad02-1
20160518アルバムアートiPad02-2

 その辺LUMIN Appならば問題ないので、これからはそれを使って話を進める。

 アプリの表示能力はクリア。次に問題になるのはサーバーソフトである。
 例によって有名どころを検証。
 なお、LUMIN Appでプレイリストに入れた音源もブラウズ領域と同様の表示となる。

 Twonky Server:問題なし
20160518アルバムアートiPad08
20160518アルバムアートiPad09

 Asset UPnP:ん? とりあえず問題なし
20160518アルバムアートiPad10
20160518アルバムアートiPad11

 MinimServer:問題なし
20160518アルバムアートiPad12
20160518アルバムアートiPad13

 Kazoo Server:グワーッ!
20160518アルバムアートiPad14
20160518アルバムアートiPad15


 ついでに再生ソフトも試してみた。

 JRiver & JRemote:アルバムの中身はアレだが再生画面では個別に表示される
20160518アルバムアートiPad21
20160518アルバムアートiPad01
20160518アルバムアートiPad02
20160518アルバムアートiPad03

 foobar2000 & MonkeyMote 4 foobar2000:JRemoteと同様
20160518アルバムアートiPad16
20160518アルバムアートiPad17

 Roon:Oh…Roonの意外な弱点を見た感
20160518アルバムアートiPad18
20160518アルバムアートiPad19
20160518アルバムアートiPad20


 ソフトによっては一曲目以外のアルバムアートがサムネイルに使われているのは何なんだろう。詳細不明。ソフトにとって意図しないケースで謎挙動でもしているのかもしれない。ちなみにLUMIN L1でも問題なかった。

 検証に使ったHD Tracksのサンプラーはフォルダに「folder.jpg」を置いていないが、まったく別の画像を置けばどうなるのだろう?
 そこで、「folder.jpg」を置いた場合を、ジャンルを「Test」に変えて検証した。
20160518アルバムアートPC07

 Twonky Server:サムネも中身もタグ優先
20160518アルバムアートiPad04

 Asset UPnP:サムネも中身もタグ優先(またサムネが変わってる……)
20160518アルバムアートiPad05

 MinimServer:サムネも中身もタグ優先
20160518アルバムアートiPad06

 Kazoo Server:!? サムネも中身も「folder.jpg」優先
20160518アルバムアートiPad07

 スクショは撮っていないが再生ソフトトリオも全部タグ優先。


 まぁ、色々とあるようだ。


 続いて、

>1トラックにアルバムアートを2重にタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、そのトラックのアルバムアートはどう表示されるのでしょうか?

 とりあえず、一言でアルバムアートと言っても、タグとして埋め込むからには内部的に様々な種類がある。
 こんな具合に。(画像はMediaMonkeyのメニュー)
20160518アルバムアートPC03

 で、普通にアルバムアートをタグ付けする場合は「カバー(表)」になる。
20160518アルバムアートPC02

 この「カバー(表)」というのはMediaMonkeyでの呼称で、dBpowerampでは「Front Album Cover」となる。要するに表である。呼び名は違うが内部的に指すものは同じ。
20160518アルバムアートPC01

 質問の「二重にタグ付け」というのが厳密にどのような意味なのか少々アレだが、「複数の画像をアルバムアートとして付加する」と解釈する。
 例えば「表」と「裏」をそれぞれ付加する場合。
 MediaMonkeyでは「カバー(裏)」になる。保存する画像ファイル名はとりあえず「back.jpg」にした。
20160518アルバムアートPC04

 出来上がりはこうなる。
20160518アルバムアートPC08
20160518アルバムアートPC05

 で、これをアプリで見ると、こうなる。
20160518アルバムアートiPad22

 というわけで、基本的に「表」のアルバムアートが優先されると考えて問題ないだろう。
 まだまだ検証のネタは尽きない。

 しかし、「表」以外の画像を表示・活用する方法は……



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

TIDALがリローンチ ― 「ストリーミングオーディオ」の時代は来るか?

 「ストリーミングオーディオ」とは、この記事では「音楽ストリーミングサービスを音源とするオーディオの

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換 【ネットワークオーディオTips】

 今さら、わかりきっていることだとは思うが……  とにかく「WAVか、FLACか」という不毛な

記事を読む

【音源管理の精髄】 サーバーソフトとナビゲーションツリー 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフト。  サーバーをサーバーたらしめているものの正体。  多くの場合、ネットワー

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

ネットワークオーディオのコントロールアプリに高解像度のアルバムアートを表示する、そこに到る長い道のり

※2015/09/12追記※ この記事は私が呼ぶところの「トンキー病」との出会いについて書いた

記事を読む

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:12 映像:AVC 音声:Dolby Atmos ○

記事を読む

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第26回『インデペンデンス・デイ』

画質:9 音質:11→12 映像はAVCでビットレートは30前後でうろうろ。 音声はDT

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    検証ありがとうございます。
    たいへん参考になりました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑