*

【音源管理の精髄】 同一アルバムにおける複数のアルバムアートの扱い 【ネットワークオーディオTips】

 質問をもらったので。

例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」があるとして、トラック1~5に「A」、トラック6~10に「B」をタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、トラックごとにタグ付けしたアルバムアートがちゃんと表示されるのでしょうか?
また、1トラックにアルバムアートを2重にタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、そのトラックのアルバムアートはどう表示されるのでしょうか?



 これが問題になる局面はそうそうないとは思うが、この記事の続編にもなるか。
 特に気にしてこなかったことも事実なので、一曲ずつに個別のアルバムアートが仕込まれている素敵仕様のHD Tracksの2015年サンプラーでさっそく検証だ。


 とりあえず、

>コントロールアプリ上では、トラックごとにタグ付けしたアルバムアートがちゃんと表示されるのでしょうか?

 まずはアプリの表示能力による。
 例えばLinn Kazooはこのとおり。
20160518アルバムアートiPad02-1
20160518アルバムアートiPad02-2

 その辺LUMIN Appならば問題ないので、これからはそれを使って話を進める。

 アプリの表示能力はクリア。次に問題になるのはサーバーソフトである。
 例によって有名どころを検証。
 なお、LUMIN Appでプレイリストに入れた音源もブラウズ領域と同様の表示となる。

 Twonky Server:問題なし
20160518アルバムアートiPad08
20160518アルバムアートiPad09

 Asset UPnP:ん? とりあえず問題なし
20160518アルバムアートiPad10
20160518アルバムアートiPad11

 MinimServer:問題なし
20160518アルバムアートiPad12
20160518アルバムアートiPad13

 Kazoo Server:グワーッ!
20160518アルバムアートiPad14
20160518アルバムアートiPad15


 ついでに再生ソフトも試してみた。

 JRiver & JRemote:アルバムの中身はアレだが再生画面では個別に表示される
20160518アルバムアートiPad21
20160518アルバムアートiPad01
20160518アルバムアートiPad02
20160518アルバムアートiPad03

 foobar2000 & MonkeyMote 4 foobar2000:JRemoteと同様
20160518アルバムアートiPad16
20160518アルバムアートiPad17

 Roon:Oh…Roonの意外な弱点を見た感
20160518アルバムアートiPad18
20160518アルバムアートiPad19
20160518アルバムアートiPad20


 ソフトによっては一曲目以外のアルバムアートがサムネイルに使われているのは何なんだろう。詳細不明。ソフトにとって意図しないケースで謎挙動でもしているのかもしれない。ちなみにLUMIN L1でも問題なかった。

 検証に使ったHD Tracksのサンプラーはフォルダに「folder.jpg」を置いていないが、まったく別の画像を置けばどうなるのだろう?
 そこで、「folder.jpg」を置いた場合を、ジャンルを「Test」に変えて検証した。
20160518アルバムアートPC07

 Twonky Server:サムネも中身もタグ優先
20160518アルバムアートiPad04

 Asset UPnP:サムネも中身もタグ優先(またサムネが変わってる……)
20160518アルバムアートiPad05

 MinimServer:サムネも中身もタグ優先
20160518アルバムアートiPad06

 Kazoo Server:!? サムネも中身も「folder.jpg」優先
20160518アルバムアートiPad07

 スクショは撮っていないが再生ソフトトリオも全部タグ優先。


 まぁ、色々とあるようだ。


 続いて、

>1トラックにアルバムアートを2重にタグ付けした場合、コントロールアプリ上では、そのトラックのアルバムアートはどう表示されるのでしょうか?

 とりあえず、一言でアルバムアートと言っても、タグとして埋め込むからには内部的に様々な種類がある。
 こんな具合に。(画像はMediaMonkeyのメニュー)
20160518アルバムアートPC03

 で、普通にアルバムアートをタグ付けする場合は「カバー(表)」になる。
20160518アルバムアートPC02

 この「カバー(表)」というのはMediaMonkeyでの呼称で、dBpowerampでは「Front Album Cover」となる。要するに表である。呼び名は違うが内部的に指すものは同じ。
20160518アルバムアートPC01

 質問の「二重にタグ付け」というのが厳密にどのような意味なのか少々アレだが、「複数の画像をアルバムアートとして付加する」と解釈する。
 例えば「表」と「裏」をそれぞれ付加する場合。
 MediaMonkeyでは「カバー(裏)」になる。保存する画像ファイル名はとりあえず「back.jpg」にした。
20160518アルバムアートPC04

 出来上がりはこうなる。
20160518アルバムアートPC08
20160518アルバムアートPC05

 で、これをアプリで見ると、こうなる。
20160518アルバムアートiPad22

 というわけで、基本的に「表」のアルバムアートが優先されると考えて問題ないだろう。
 まだまだ検証のネタは尽きない。

 しかし、「表」以外の画像を表示・活用する方法は……



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

Amare Musica DIAMOND Music Server

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。  本機について

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターが完成して思うこと

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオ規格。  トップスピーカー

記事を読む

【音源管理の精髄】 世界一美しいライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 大きく出てみた。  私にとっての『世界一美しいライブラリ』とは、 ①自らが決めたル

記事を読む

【システム】 LINN MAJIK DS-I

 2010年の春だったか。  快適な音楽再生を求め、ネットワークオーディオなるものに手を出そうと考

記事を読む

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。  せっか

記事を読む

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編  使用中は結構な発熱があ

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第83回『機動戦士ガンダム F91』

画質:7 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    検証ありがとうございます。
    たいへん参考になりました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑